写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは1日、手のひらサイズのコンパクトプロジェクタ「ASUS ZenBeam E1」を発表した。2月10日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は33,000円前後(税込)。

手のひらサイズのバッテリ内蔵プロジェクタ。6,000mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵しており、バッテリ駆動時間は最長5時間(バッテリーモード:50ルーメン)。重量も約307gと軽いため、カバンに入れて持ち運んで使用するのにも適している。

画素数は854×400ドットで、最大120インチの画面を投写可能。「DLP IntelliBright技術」を採用し、一般的なDLP方式のプロジェクタよりも輝度とコントラストが最大30%向上しているという。自動台形補正機能、三脚穴を搭載する。本体には2Wのモノラルスピーカーを内蔵し、オーディオ最適化技術「ASUS SonicMaster」と合わせて、小型ながら十分なサウンドを出力する。

そのほか主な仕様は、輝度が最大150ルーメン、コントラスト比が3,500:1、光源がLED、光源寿命が最大30,000時間、画面サイズが16〜120型、投影距離が0.5〜3.7m。アスペクト比が16:9および4:3、映像入力インタフェースがHDMI×1(MHL対応)。スマートフォンなどを充電できるUSB-A電源出力ポート(5V/1A)×1も備える。本体サイズはW110×D83×H29mm、重量は約307g。

(リアクション)