【詳細】他の写真はこちら

おお、こんな車に乗れる時代はくるのか……な?

近未来系のSF映画ではちょくちょく見かける「窓のない車」。周りの情報をカメラやセンサーで取り込み、内部のディスプレイに映し出すというガンダムのコクピットみたいなアイディアは個人的に大好きです。

そしてイタリア・ミラノ在住のデザイナーのAntonio Pagliaさんが、イタリアの車メーカー、アルファロメオ(Alfa Romeo)の未来を見据えたようなデザインコンセプト『Alfa Romeo C18』を作成しています。これまでピアッジオ(Piaggio)やドゥカティ(Ducati)、Mvアグスタ(MV AGUSTA)、カワサキ、フェラーリ(Ferrari)と超大手企業でデザインの仕事をこなしてきたPagliaさんの、美麗デザインの真髄をご覧ください。



▲フロントウィンドウどころか、サイドウィンドウすらない『Alfa Romeo C18』。この見た目のままでは運転できないので、おそらく自動運転システム、あるいは内部ディスプレイなどの搭載を想定しているのでしょう。

暗闇に輝くランプ類の迫力も十分。このフロントグリルは同社のスポーツカー『Alfa Romeo 4C』を連想させますね。『Alfa Romeo 4C』、あれはいいものです。



重量感たっぷり、しかしそれでいて美しいリア周り。従来の車作りではあまり見ない有機的なパターンが、デザインに緊張感を与えています。こっちのブラックモデルはバットマンがプライベートで乗っていてもおかしくないでしょう。





近未来的ではあるものの、自然と街にマッチするように感じる『Alfa Romeo C18』。おそらくはそのコンパクトな車体と、やりすぎていない流線型デザインのおかげでしょう。いつの日か、このようなデザインをアルファロメオの公式コンセプトカーとして見る日がくるかもしれません。



現在はデザイナーとして、そしてミラノ工科大学でカーデザイン教師としても活躍するPagliaさん。そのデザイン画は、車関係のデザインを勉強されている方ならなにか感じるものがあるのかもしれませんね。

今は自動車メーカー各社だけでなくGoogleなども自動運転技術を開発していますが、その技術が完成すれば車から窓がなくなる日は遠くないかもしれません。

文/塚本直樹

関連サイト



『Alfa Romeo C18 concept』デザインページ

関連記事



キュート! あの『ワーゲンバス』にEV仕様のコンセプトカーが登場

自動運転時代にこそ輝く! ”運転手付き”の超高級車ロールス・ロイスのコンセプトカー

どう見てもバットモービル! マクラーレンのハイテクコンセプト『MP4-X』