春の新曲ラインナップが決定/(C)NHK

写真拡大

4月から5月にかけて放送される「みんなのうた」(毎週月〜木曜昼1:55-2:00ほかNHK総合ほか)の新曲が発表された。

同番組は、NHKのテレビ・ラジオで展開され、世代を問わず人気を博している。その中に新たな3曲が加わることになった。

■ 「太陽と月のこどもたち」歌:V6

'16年4月から5月の「みんなのうた」で「すっぽんぽんぽん」を歌った岩崎愛が手掛けたこの曲は、壮大ながらも美しいメロディーに、思いやりと温かみがあふれた歌詞が融合し、聴いている人の心に寄り添える曲になっている。

曲を歌うV6は、「美しい場所で生命が回り、ずっと愛が途絶えることがない…」というメッセージを伝える。

■ 「願いごとの待ち腐れ」歌:AKB48

少し変わったタイトルのこの曲は、ことしの「NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部」の課題曲として、“夢”をテーマに制作された。

作詞をした秋元康は、「人はみんな、願い事がいっぱいあります。願うこと、夢を見ることは宝物です。それをそのままにしていてはもったいない。よ〜く考えると、本当の願い、かなえたい夢が一つだけ見えてきます。その一つを見つけることが幸せなんだと思います」と、コメントした。

■ 「お弁当ばこのうた 〜あなたへのお手紙〜」歌:半崎美子

シンガーソングライターの半崎が届けるこの楽曲には、毎日作る弁当を通じて、家族の愛がつづられている。