写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイ・オー・データ機器は1日、3,840×2,160ドット表示(4K UHD)に対応した49型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K491XDB」を発表した。2月下旬に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別99,800円前後。

3,840×2,160ドット(4K UHD)に対応する49型ワイド液晶ディスプレイ(可視領域48.5型)。液晶パネルには広視野角のADSパネルを採用し、HDMIを3ポート装備。うち1ポートとDisplayPortは4K/60Hz、HDCP 2.2に対応するので滑らかな映像表示が可能となっている。

バックライトのちらつきがないフリッカーレス設計と、5段階でブルーライトを低減する「ブルーリダクション機能」など、眼精疲労に配慮した設計も採用。低解像度の画像をくっきりと表示する超解像技術も搭載する。超解像度は5段階で調整可能。

親画面に子画面を表示するPIP(Picture In Picture)機能と、左右にわけて2画面を表示するPOP(Picture Out Picture)機能も搭載。6W+6Wのステレオスピーカーも内蔵する。

主な仕様は、画面サイズが48.5型ワイドの半光沢(ハーフグレア)ADSパネル、解像度が3,840×2,160ドット、視野角が上下 / 左右ともに178度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,200:1、応答速度が6ms、オーバードライブ時で約4ms(ともにGTG)。

映像入力インタフェースはHDMI×3、D-Sub×1、DisplayPort×1。VESAマウント400×200mmに対応し、本体サイズはW1109×D217×H679mm、重量は12.2kg(スタンドあり)。操作用のリモコンが付属する。

(リアクション)