熊本県のご当地キャラくまモンのハンバーガーが、海外でも味わえる!黒米入りの黒いライスプレートは、くまモンの黒をイメージしている

写真拡大

熊本地震の復興支援の一環として、モスバーガーを展開するモスフードサービスは2月8日(水)より、中国・広東省の店舗にて、熊本県産の食材を使った限定商品を販売する「海外モスバーガー×熊本県コラボキャンペーン」を行う。

【写真を見る】店舗のトレーマットなどに熊本のPRコメントを掲載することで、熊本県への観光誘致につなげる

これまでモスフードサービスは、熊本県とさまざまな取り組みを行ってきた。2013年4月に、モスバーガー店舗で使用する生鮮野菜の安定した調達と産地との協力体制強化を目指し、熊本県に農業生産法人「モスファーム熊本」を設立。これを記念して同年12月には、モスファーム熊本など県内で採れたトマトを使った「モスじゃがチップストマトディップソース付き熊本県産トマト40%使用」を期間限定で販売した。さらに、2015年4月には熊本県内2例目となる農業生産法人「モスファームマルミツ」を設立した。

今回は、海外のモスバーガーでも、熊本県産の食材を使った「くまモンのライスバーガー(焼肉)」を販売する。くまモンのライスバーガーは、海外でも人気の焼肉ライスバーガーに、グリルしたタマネギと赤パプリカを加え、その上に熊本県産の大豆・米・麦を使った味噌と熊本県産生姜を使用している焼肉のたれをかけた一品。黒米入りの黒いライスプレートは、くまモンの黒をイメージしている。2月8日(水)から中国・広東省の3店舗から販売を開始し、3 月上旬にはタイ、シンガポール、3 月中旬は中国・上海市、福建省など、3月下旬は香港で順次販売する予定だ。

また、海外でも人気の高いくまモンと、モスバーガーのキャラクターモッさんのコラボグッズのプレゼントも実施。さらに、現地のモスバーガー店舗のカウンターメニューやトレーマットなどのツールに、熊本のPRコメントを掲載することで、熊本県への観光誘致につなげる。アジアでもくまモンバーガーを食べて、支援の輪を広げよう!【ウォーカープラス編集部/セキノユリカ】