会見を爆笑に導いた
大泉洋と松田龍平

写真拡大

 大泉洋主演、松田龍平共演の人気シリーズ最新作「探偵はBARにいる3」の製作会見が2月1日、都内で行われた。2人は新ヒロインの北川景子とともに会見に臨み、丁々発止のかけ合いで場内を爆笑の渦に包んだ。

 作家・東直己氏の人気小説シリーズを原作に、北海道・札幌の歓楽街ススキノを拠点とする探偵(大泉)と、その助手・高田(松田)の活躍をハードボイルドに紡いだ。約4年ぶりの新作は、原作から複数の要素を抽出・再構築したオリジナルストーリーで、人探しの過程で闇社会に追われるようになった探偵と高田が、北海道を去る瀬戸際まで追い込まれる姿を描く。

 大泉は「2が終わった時に、3をやることは決定していました。より良いものをということで、脚本をじっくり作り込み、ついに最高に面白いものができます。久々の『探偵』で、高揚しています」とやる気十分。しかし松田は「大泉さんが忙しくて、大泉さんのせいでできなかった3が、ようやくできます」とふっかけ、大泉を「そんなことはない!」と慌てさせた。

 反撃に打って出た大泉は、「あなたこそ大丈夫? 今、連続ドラマやっているんだよね?」。TBS系ドラマ「カルテット」でバイオリン奏者を演じている松田は、「今回の高田はアクションも多く、とうとう負けるような敵が出てきます。バイオリンを弾きながらアクションしたい」とひょうひょうと語ったが、大泉は「できるわけないだろ。何でこのタイミングで連ドラの話を受けるの? こっち、何年も前から決まっていたのに」と追撃の手を緩めなかった。

 2月中旬から北海道でクランクインするが、撮影への意気込みを問われた大泉は「心配なのは松田くんのスケジュールですねえ。そのドラマが『トリオ』というタイトルに変わらないかな」とぼやきっぱなし。続けて「毎回、探偵がひどい目にあうシーンがあるんですが」と切り出し、「脚本に、今回は海を利用すると書いてあった。死んじゃうぞ。書くのは簡単だ、死んじゃうぞ。この前、何でかはわかりませんが、氷点下何度かまで耐えられるウエットスーツの採寸をされました」と苦笑いを浮かべていた。

 さらに脚本の感想を聞かれた松田は、「まだ読んでいないんですよね。ドラマが忙しかったから。自分のシーンだけは読みました」とポツリ。これには大泉も大笑いで、「読んでないのかよ! 自分のところだけ読んだって!? すごくないですか、この俳優。バイオリンの台本ばっかり読んでいる場合じゃないんだよ、君!」と喝を入れた。それでも松田が「シンプルに面白さを凝縮していて……」と話し始めたため、大泉は再び「読んでないんでしょ? やめてよ、当てずっぽうで! びっくりした」とツッコミ。北川も「役のまんまですね」と目を丸くしていた。

 「探偵はBARにいる3」は、前2作に続き古沢良太が脚本を執筆し、「疾風ロンド」の吉田照幸監督が新たにメガホンをとる。2017年冬公開。