毎年、さっぽろ雪まつりを陰で支えるカップ麺。日清食品の取り組みが温かい

写真拡大 (全9枚)

雪の巨像が大通りを彩る札幌市の「第68回さっぽろ雪まつり」が、2月1日(水)〜12日(日)に開かれます。

凍てつく雪像づくりの作業員を支えるのは、湯気がたつ温かいカップヌードルです。

手渡される温かいカップヌードル 提供:日清食品ホールディングス

長年、差し入れを続ける日清食品ホールディングスに取り組みへの思いを聞きました。

200基の雪像居並ぶ大行事

さっぽろ雪まつりは、1950(昭和25)年に学生たちが6体の雪像を大通公園に作ったことが始まり。

札幌オリンピックを契機に一躍有名になり、現在は毎年200万人以上の来場者が訪れる一大イベントです。

さっぽろ雪まつりの雪像 出典元:札幌市観光写真ライブラリー

2017年は大通、すすきの、つどーむ(札幌コミュニティドーム)の3会場に計200基の雪像が居並びます。

建設には多くの市民ボランティアや陸上自衛隊員が協力しています。

雪像建設の作業員たち 出典元:札幌市観光写真ライブラリー

ちなみに、新潟県十日町市でも同じく1950年に雪像をメーンとした雪まつりが始まり、受け継がれています。

寒空の下で温かいものを

雪像制作隊への慰問活動は毎年、日清食品北海道支店が行っています。

始まった経緯は定かではないそうですが、10年以上前から続くそうです。

今年も1月18日に大通り会場5カ所を訪ね、主力商品であるカップヌードルを570食提供しました。

提供:日清食品ホールディングス

寒空の下で雪像づくりをなさる市民ボランティア・自衛隊員の皆様に、少しでも温かいものを召し上がっていただくことで、北海道の魅力発信の一助になればと思い激励と慰問を行っています。

給湯できる特殊車両で配る

慰問は、単に既製品を配るだけではありません。

すぐに食べられるよう給湯設備を備えた特殊車両で調理してから、温かいカップを手渡しています。

手渡される温かいカップヌードル 提供:日清食品ホールディングス

カップヌードルを食べる自衛隊員たち 提供:日清食品ホールディングス

体力勝負にありがたい

カップヌードルを受け取った制作隊からの感想は、北海道支店の励みにもなっています。

「体が温まる」「若い作業員も多く、体力勝負なので大変ありがたい」「カップヌードルを食べて感動を与える大雪像を作ります」などのコメントをいただき、とてもありがたく思っております。

カップヌードルを味わう自衛隊員 提供:日清食品ホールディングス

多くの人の手で運営される雪まつりを陰で支えるカップヌードル。

札幌市を訪れる際には美味しい海産物だけでなく、カップ麺をすすって制作者の気持ちを追体験してみるのもよいかもしれません。

カップヌードルを元気を出すボランティア 提供:日清食品ホールディングス