「第1回マクドナルド総選挙」決勝戦の結果、「ダブルチーズバーガー」が1位に

写真拡大

日本マクドナルドは、2月1日(火)、先月より実施していた、マクドナルドのレギュラーバーガー12種類から日本一を決める「第1回マクドナルド総選挙」の1位が「ダブルチーズバーガー」になったことを発表した。

【写真を見る】公約通り、ビーフパティとチェダーチーズをそれぞれ1枚ずつ増量した「トリプルチーズバーガー」(320円)は圧巻のビジュアル!

”あなたの推しバーガーを、日本一に。”というキャッチコピーのもとで行われた同選挙では、立候補した12 種類のバーガーが、それぞれ驚きの”公約”を宣言。ビーフバーガーグループの「Aブロック(6種)」、ビーフ以外のグループの「Bブロック(6種)」に分かれて1 回戦を戦った結果、「Aブロック」代表に「ダブルチーズバーガー」、「Bブロック」代表に「てりやきマックバーガー」が選出。この2商品による決勝戦が行われ、序盤から優位に選挙戦を進めた「ダブルチーズバーガー」が1位となった。

1位になった「ダブルチーズバーガー」は、公約「価格はそのまま、お肉もチーズもトリプルに。『ダブチ』から『トリチ』へ!」を実現し、2月1日(水)から7日(火)までの期間限定で、「トリプルチーズバーガー」を単品320円、Mセット620円で販売する。また、2位の「てりやきマックバーガー」もその公約を実現し、「ダブルてりやきマックバーガー」を単品320円、Mセット620円で販売する。

Aブロックの応援団長を務めた高田延彦氏は、「Aブロック代表のダブルチーズバーガーが第1回マクドナルド総選挙制覇!! 投票いただいた皆様、本当にありがとうございます!!夢の『トリプルチーズバーガー』がついに実現!!全国の皆さん、今しか食べられない『トリチ』を食べに…お店に出てこいや!!」とコメントしている。

公約を実現してさらにボリュームアップした「トリプルチーズバーガー」は、ビーフパティとチェダーチーズがそれぞれ1枚ずつ増量した、まさにスペシャルな一品。12種のレギュラーバーガーの中から、見事1位を勝ち取ったその美味しさを再度確かめてほしい。【ウォーカープラス編集部/本村友里】