2016年4月21日に亡くなったプリンスのヒット曲が、グラミー賞授賞式が行なわれる2月12日から、Apple Musicを含むストリーミング音楽配信サービスで聴けるようになりそうです。音楽業界関係者から入手した情報として、New York Postが報じています。

Tidal以外での配信を停止したプリンス

プリンスは亡くなる9カ月前の2015年7月、すべての音楽配信サービスにおける自分の楽曲の配信を停止しました。しかし彼の死後、楽曲を管理してきた遺産管理人らが「パープル・レイン」「レッツ・ゴー・クレイジー」などの名作を再びストリーミング配信すべく、複数のサービスと交渉を続けてきた模様です。
 
ワーナー・ミュージック・グループがレーベルとなっているプリンスの楽曲については、現時点ではジェイZが運営するTidalでのみ、配信されています。
 
Tidalについては先日、ソフトバンク傘下の携帯大手キャリアSprintが同社株式33%を取得したことが報じられました。

2月12日よりApple Musicなどで再開

関係者によれば、プリンスの楽曲のTidal以外でのストリーミング配信が復活するのは、アメリカで第59回グラミー賞授賞式が行われる、2月12日(現地時間)になるとのことです。
 
配信が再開するのはApple MusicとSpotifyが有力視されています。
 
また授賞式ではプリンスの功績をたたえ、リアーナやブルーノ・マーズが故人の曲を歌うともいわれています。
 
 
Source:New York Post
Photo:Apple
(lunatic)