「木村文乃 (@fuminokimura_official)・Instagram」より

写真拡大

 女優の木村文乃が公開した“あひる口”の自撮り写真が「かわいすぎる」と話題。「いいね!」の数は、約10万件にも及んでいる。

 木村は先月31日、自身のインスタグラムに「フォルダ整理していたら 懐かしい写真が わっさわっさ出てきた」と、同写真を投稿。4〜5年前に撮られた写真だといい、「それにしては幼いな」と加えている。

「コメント欄には、『かわいい』と1,000件を超える賛辞が書き込まれている。その一方、ネット上では『このタイミングで出すってことは、天海祐希にケンカ売ってるのでは?』と話題に。天海は先月29日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、アヒル口をする女性が嫌いと明かし、『バッカじゃないの?』などと言い放っていた。そんな天海の発言がネットニュースに取り上げられ、話題になっている最中なだけに、木村への疑惑が浮上したようです」(芸能記者)

 アヒル口といえば、2010年頃に若い女性の間で流行。当時は、SNSでアヒル口をする女性をよく見かけたが、現在はほとんど見られなくなった。

「今、SNSにアヒル口の写真を投稿すると『古い』『ダサイ』と見なされ、バカにされることも。しかし、アラフォー芸能人の中には、まだ取り入れている人もチラホラ。現在38歳の歌手の浜崎あゆみは、昨年リリースされた最新アルバムのジャケットで、見事なアヒル口を披露。また、歌手の華原朋美も、40代を迎えた途端にアヒル口に目覚め、1カ月間に約50枚ものアヒル口写真をTwitterに投稿していた時期も。また、アラサーのグラドル・吉木りさも昨年、SNSで『アヒル口ばかりしている』と話題になりました」(同)

 特定の世代の間で、ひっそりと生き残っているアヒル口文化。最近は、口先をプクッと膨らませて唇を強調する“プクッと口”も、“意識高い系”のアラフォー女性に人気だという。

「以前、ローラがよくやっていた“たこやきポーズ”も、法令線を消すための表情がクセになったことが発端だったようですが、歯と唇の間に空気を入れることで、法令線を目立たなくすることが可能。最近、自撮り時に多用するアラフォーが増えており、モデルでタレントの平子理沙のSNSなんかは、多くの写真がこの“プクッと口”。そんな平子は、法令線を人一倍気にしているようで、歯を出して笑っている写真からもなぜか法令線が消えているため、ネット上では『不自然すぎて怖い』という声が上がっています」(同)

 自尊心が見え隠れするからか、今や絶滅寸前のアヒル口。天海のように嫌悪感を覚える人がいる限り、むやみにアヒル口を披露するのは控えたほうが良さそうだ。