写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイ・オー・データ機器は1日、世界初をうたうiPhone用のCDレコーダー「CDRI-L24I」を発表した、2月下旬に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別11,800円前後。

iPhoneと接続して使用するCDレコーダー。付属のケーブルで繋ぐだけで、PCがなくてもCDの音楽をiPhoneに取り込める。CDの取り込み / 再生にはアプリ「CDレコアプリ」を使用。音質は、CD音質(ロスレス圧縮:Appleロスレス形式)、高音質(256kbps)、標準(128kbps)、長時間(96kbps)を選択可能。

新機能としてCDブックレット機能を搭載。実際の利用状況から集計した再生ランキングやアーティストの情報、アルバムの解説など、様々な音楽情報を集めて集計して表示する。CDタイトル / 歌手名 / 曲名 / ジャケット画像 / 歌詞などの曲情報を自動で取得できるほか、プレイリスト機能やシャッフル再生などの基本機能も充実している。iTunesから取り込んだ曲の再生にも対応。

CDへの書き出しにも対応し、オリジナルのベストCDなども作成可能。DVDに音楽データをバックアップしておけば、別端末へ音楽データを復旧することもできる。アプリの新機能は、2月下旬でのアップデートで提供される予定。

対応機器はiOSを搭載したスマートフォン・タブレット端末。本体インタフェースはUSB 2.0。本体サイズは約W145×D174×H16mm、重量は約300g。

合わせて、スマートフォン向けのCDレコーダー「CDレコ」のWi-Fi+USB接続モデル「CDRI-W24AIW」も発表された。Wi-Fi接続に加え、USBケーブルでの接続に対応したモデルで、インタフェースはIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(アンテナ1×1)、USB 3.0(USB 3.0 Micro-B)。

対応機器はiOS、Android OSを搭載したスマートフォン・タブレット端末。iOS端末とはWi-Fiでの接続となる。2月中旬に出荷予定。価格はオープン。店頭予想価格は10,800円前後。

(リアクション)