「了解しました」と「承知しました」――。ビジネスシーンなどでも頻繁に使われる表現ですが、あなたはその違いについて、正しく理解しているでしょうか。覚えておくと必ず役に立ちますよ。

「『了解しました』は『私はわかりました』という意味。『私はわかった』という表現は、私が主語であるため、自己中心的だと受け取られてしまう可能性があります。相手を敬う気持ちが欠けていると誤解され、良い評価につながらないことも」(マナー講師・話し方コミュニケーション講師の金森たかこさん)

 これに対して「承知しました」は、「それを私は承りました」という意味になります。「承りました」は「相手がおっしゃっていることを受けた」ということであり、主語が「私」から「相手」に変わるため、謙遜の表現になります。

 したがって、ビジネスシーンでは「了解しました」よりも「承知しました」が多く使われるのです。

「相手中心に物事を考えること」

 しかし金森さんによると、「承知しました」は、マナーの観点からは“当然のこと”であり、ギリギリ合格点に達しているにすぎないとも。「理想は『かしこまりました』です。『かしこまりました』と言われた時と、『承知しました』と言われた時。どちらが丁寧と感じるかは明白でしょう」。

 もちろん、「かしこまりました」が堅苦しすぎて、心地良くないと感じる人もいるかもしれませんが、マナーの基本は「多くの人が、より丁寧と感じる言葉を使い、相手中心に物事を考えること」。「かしこまりました」を好まない相手であれば、おわびの気持ちを伝えて、次からは言わないようにするなど相手に応じて言葉を使い分けます。

 まずは、最高級の言い方を身につけて、そこから相手や状況に応じて使い分けることをオススメします。

(オトナンサー編集部)