例年よりも濃度を高めたグリーンで、迷彩柄を取り入れたデザインとなったガイナーレ鳥取の新ユニホーム。森岡新監督のもと、J2昇格を目指す。

写真拡大

 J3のガイナーレ鳥取は2月1日、2017年シーズンに着用する新ユニホームを発表した。昨季に引き続き、今季もヒュンメルがユニホームサプライヤーとなった。日本代表でも活躍した森岡隆三新監督を迎えた鳥取が、「強小九年 10SPIRITS」というスローガンのもと、ヒュンメルの新たなユニホームで新シーズンを迎える。
 
 2017年シーズンのユニホームは、ズバリ「戦う集団の戦闘服」だ。従来の爽やかなライトグリーンではなく、より強さを意識し、濃度をアップさせたグリーンがベースカラーとなっている。緑迷彩柄を使用し、『育て』『鍛え』『戦い』『勝つ』を体現していくためにふさわしいデザインをイメージ。また、タイトシルエットを採用し、平均年齢22.9歳の若いチームがシャープに躍動する姿を思い描いているという。
 
 またアウェーユニホームは、暗闇から朝日が昇っていくという明るい未来を描くために、ホワイトとガイナーレグリーンをベースに、シンプルなデザインに。
 
 スポンサーは、シャツの胸部に「鳥取ガス」、左袖に「三光」、背中上部に「因幡の白うさぎ」、背中下部に「白バラ牛乳」、パンツ裾部に「AXIS」が入る。
 
 鳥取の開幕戦は3月12日、アウェーでのガンバ大阪U-23だ。