学内で通常営業しているショップも連日行列が絶えない人気ぶり

写真拡大

京都製菓技術専門学校(京都市中京区)では、2月11日(祝)限定で、学生による学校内スイーツショップを通常の1店舗からに7店舗に拡大し、「taiwaスイーツコレクション」を開催する。

【写真を見る】接客も学生が担当。イベント当日はイートインできる店も登場

“taiwaスイーツコレクション〜お菓子と対話!学んだ成果!今に集めて!〜”と題し、京都製菓技術専門学校と京都調理師専門学校の校舎を舞台に、学生たちが腕によりをかけて作ったスイーツを販売。

パティスリー・ショコラ上級科2Dクラスが運営する「アンシャンテ」では、「ガトー・オ・フレーズ」(200円)、パン上級科2Ebクラスによる「カマラード」では、「明太チーズパン」(150円)といった、未来のパティシエ、パン職人、和菓子職人を目指す学生の逸品が購入できる。

テイクアウトが中心だが、洋菓子の「カフェ ムー モル モル」と和菓子の「御菓子処 和」では、イートインも可能。予約不要、入場無料、入退場自由で、商品がなくなり次第終了となるので、早めに出かけるのがベターだ。【関西ウォーカー編集部/石川貴大】