31日、韓国国防部の韓民求長官は、ジェームズ・マティス米国防長官との電話会談後に「中国の反対があっても、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の計画を進める」と宣言した。写真はソウル。

写真拡大

2017年1月31日、仏RFIによると、韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は、新たに任命されたジェームズ・マティス米国防長官との電話会談後に、「中国の強い反対があっても、米韓両国は高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の計画を進める」と宣言した。

AFP通信によると、メディアから「狂犬」とも呼ばれるマティス長官は、アジアを訪れ、2月2日には韓国を訪問する予定となっている。それに先立って行われた電話会談で、米国のTHAADの韓国配備が改めて確認された。

トランプ米大統領は選挙中、日本や韓国の米軍駐留費について負担を求める発言をし、撤退の可能性も示していた。また、他の候補者もTHAAD配備を見直す発言をし、配備に反対している中国ではいわゆる「限韓令(韓流禁止令)」が展開され、先行きが不透明となっていた。

韓国国防部によると、マティス長官と韓長官は、北朝鮮の核の危険性が日に日に高まっていることに懸念を示した上で、「THAAD配備は不可欠」として、計画通りに配備を進めることに同意した。30日には、トランプ大統領と韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行の間でも、電話会談が行われている。

韓国・聯合ニュースによると、「同盟国の閣僚に対するマナーとして、マティス長官を『狂犬』と呼ぶのは止めるように」との要請が韓国国防部からメディア各社にあったという。マティス長官もトランプ大統領に「狂犬」という呼称を使わないよう求めたという。(翻訳・編集/岡田)