右が映像投影時、左が透明でショーウィンドーが見えている状態

パナソニック株式会社は1月30日、透明ガラスに高コントラストな映像表現ができる「透明スクリーン(XC-CSG01G)・制御ボックス(XC-CSC01G-A1)」を、3月22日から発売開始すると発表した。

 

本製品は、映像投影式の透明スクリーン。高コントラスト調光フィルムを2枚のガラスで挟み、電圧をかけると透明モード、電圧オフでスクリーンモードに切り替えられる。スクリーンモード時にプロジェクターで投影すれば、高コントラスト画質の映像を表示させられる。

 

透明スクリーンには特殊ポリマーとカプセルを入れた透明-白濁スイッチング層と色調コントロール層が搭載され、従来の白濁系調光ガラスに映像を投影する方法と比べ、外光を吸収できるので画質の劣化が大幅に減少。また、色調コントロール層の透過率を設置環境下の照度に合わせて調整すれば、映像は常時一定の高コントラストを保てる。

構造イメージ

同社では、透明モード時には内部を見せられる、そしてスクリーンモード時には様々な情報をアピールできる点から、本製品をショーウィンドーなどで商品や展示物、新製品情報、バーゲンスケジュールなどを見せるのに適していると紹介。また、訪日外国人向けのデジタルサイネージとしての活用も期待される。

 

発表資料

URL:http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/01/jn170130-3/jn170130-3.html

2017/02/01