日本通信が3月22日から、ソフトバンク版iPhone・iPad向けに格安SIMを提供することを発表しました。

これまでの格安SIMとは何が違うのでしょうか?

SIMロックを解除できないiPhoneでも利用可能に

ソフトバンクから販売されるiPhoneには、ソフトバンクのSIMカード以外は使えないように制限するSIMロックが施されています。

格安SIMはドコモやauからSIMカードの提供を受け、サービスを展開しています。そのため、ソフトバンク版iPhoneで格安SIMを使うにはSIMロックの解除が必要です。

しかし、SIMロックを解除できるのは『iPhone 6s』以降のみ。したがって、ソフトバンク版『iPhone 6』や『iPhone 5s』などでは格安SIMを使うことができませんでした。

日本通信が発表した新サービスでは、ソフトバンクからSIMカードの提供を受けます。

そのため、SIMロックを解除できないソフトバンク版iPhoneでも使える格安SIMとなる点が画期的と言えるでしょう。

対応機種・料金は発表されず

ただし今回の発表では、対応するiPhone・iPadのモデルは明記されていません。料金や通信量などのプランの中身も明らかになっていません。続報に注目です。

参考

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク日本通信、ソフトバンクと相互接続に関して合意 3月22日にサービス開始 | 日本通信株式会社