写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ロボット事業に着手したわけ
エイチ・アイ・エス(H.I.S)グループでロボット事業を手がける「hapi-robo st」が昨年7月の準備会社設立を経て2017年より本格的に活動を開始した。H.I.Sといえば旅行会社。そのグループ企業とはいえ、畑違いにしか見えない事業になぜ取り組んでいるのか。

○旅行会社とロボットをつなぐもの

H.I.Sグループとロボットをつなぐもの。それはH.I.Sの子会社となるハウステンボスが運営する「変なホテル」だ。変なホテルは、ロボットにできるうることをすべてロボットに任せ、人間の応対を極力減らしたホテルだ。フロントのチェックイン・チェックアウト手続き、宿泊者の荷物運び、施設内の窓拭きや芝刈りなどもロボットが対応する。

変なホテルは現在、ハウステンボス内の1棟のみだが、今年3月には千葉県舞浜に2棟目がサービスインの予定で、その後も続々と出店が計画されている。

そもそも、テーマパーク運営のハウステンボスでのロボット活用は、H.I.S会長兼社長であり、ハウステンボス社長の澤田秀雄氏の着想から始まっている。そして、そのアイデアは、ロボット事業を担うhapi-robo stの設立にもつながっているのだ。

さかのぼること5年ほど前。ハウステンボスの事業再生にあたり、澤田氏は園内のホテルヨーロッパに宿泊・滞在していたことがあった。そこで同氏が注目したのは、ホテル運営における人件費の高さだった。ロボットを導入すれば、人件費が減るのではないかと考え、その発想を生かしたわけである。その目論見は当たった。2015年7月に30人のスタッフで変なホテルの運営を始めつつ、順次ロボットを導入していき、今では8人でホテルの運営が可能になっている。

結果として、「ロボットに任せられる仕事はロボットに」という方針を実践したことで、運営コストを大幅にカットした。コスト削減はホテル運営だけではなく、他の業界・業種にも転用可能であり、長期目線でみれば、日本は少子高齢化により働き手が減少する。そうした課題を解消する一手段としてロボットは有効になると見込んだ。

●ロボット事業の強み
○hapi-robo stはどんな会社か

こうした経緯を踏まえて誕生したのがhapi-robo stだ。30日に行われた設立記者会見でも、経済産業省・NEDOの調査資料をもとに、サービスロボットの市場拡大余地が多分に残されていることを強調する。

同調査では、2035年におけるロボット産業は10兆円の市場規模と見込んでいる。注目すべきはその中身だ。日本では製造分野で数多くのロボットが導入されており、2015年段階では製造分野におけるロボットの活用が大半を占めていた。しかし、2035年には、サービス分野の市場拡大が予測されており、この部分だけも5兆円規模とされている。ここに先手を打とうというのが、hapi-robo stである。

同社の事業領域は大きく分けて3つ。ロボット事業開発、実証実験・研究開発、そして市場開拓がある。事業運営にあたっては、他社のロボットも活用して事業展開を図り、他社製ではニーズが満たせないような場合には、hapi-robo.stが自ら設計し、部品の供給元、製造能力などを精査しながら製造委託を行うこととなる。

一連の事業領域において、変なホテルの運営で培ったノウハウをもとに、顧客へのロボットの導入や運用支援に活用でき、またハウステンボスを壮大な実験施設として見立て、実証実験を行うことも可能だ。実際、ハウステンボス内の「ZERO Labo」などを通じて実証実験を行っていくという。このあたりは同社にとって大きな強みになりそうだ。

●ロボット事業で目指すもの
○始まったばかりだが夢は膨らむ

現時点におけるhapi-robo stは、事業運営に伴うプロフェッショナル性を備えた社員14人を集め、事業領域を定めたにすぎない。澤田氏は「5-10年かけて世界に夢と幸せをあたえるようなロボットカンパニーにしたい。世界有数の会社にしたい」とし、長期目線で大きく活躍できる会社にしたいようだ。

これだけでは、夢物語のように聞こえてしまうが、澤田氏の構想を聞くと具体性が増す。同氏が思い描くもののひとつに、H.I.Sの店舗カウンターでのロボットによる接客がある。「(AIのトレーニングも必要になるため)H.I.Sでのフロントロボットは1年くらいかかるんじゃないかな」(澤田氏)とするが、何年も先のことではないのは確か。同氏の頭の中にはロボットが旅行会社のカウンターで接客をする姿が描かれているのだ。

もちろん「全部ロボットでやろうとすると大変。ロボットが担当するのは8割でいい。それ以外は人間のスタッフがケアすればいい」(同氏)としており、人間が介在する余地も残されているし、人間のように柔軟に対応するアンドロイドによる接客をイメージすると面食らうかもしれない。勝手ながら、会話の導入をロボットで、その後はタブレットを有効活用する、などといった感じも想像できてしまうからだ。

仮にそうであったとしても、、"生産性の向上"に焦点をあてると、どんな形態であろうと、ロボットによる接客の実現は大きな意味を持つ。澤田氏がこだわっているのは、生産性の向上だからだ。

hapi-robo stはまだ始まったばかりであり、現時点では計画的なことは示されていないが、今後提示される取り組み、そしてサービスや設備の導入効果の如何によっては、"世界規模の企業へ"という言葉にも現実味が帯びてくるかもしれない。

(大澤昌弘)