「内省的なボス」第5、6話に加え第7、8話の台本も修正…厳しい撮影スケジュール

写真拡大

すでに第5話、第6話の台本を修正したと公式に明かしたtvN月火ドラマ「内省的なボス」が第7話、第8話の台本も修正する。

30日、CJ E&Mは視聴者の意見を受け入れ、「内省的なボス」の第5話、第6話の台本を全面的に修正すると明かした。しかし、同ドラマの台本は第7話、第8話まですでに出来上がっている状況だ。第5話、第6話の内容が変わり、第7話、第8話の台本の修正も避けられなくなった。

「内省的なボス」に出演している俳優の関係者は31日、TVレポートとの取材に対し「第7話、第8話の台本も修正されたことは知っている。既存の第7話、第8話の台本はすでにこっちも破棄し、新しい台本を待っている」と話した。

第7話、第8話の台本には15日から一週間に渡ってマレーシアで撮影した分も含まれている。当時は昨年11月から撮影を開始したのでスケジュールには余裕があるとしていたが、台本の修正で撮影できる時間も少なくなった。

マレーシアロケに参加したある関係者は「第8話も約8割は撮影済みだが、どう編集するのか気になる」と伝えた。

「内省的なボス」の制作陣と俳優たちは、現在修正された第5話の台本で撮影に励んでいる。一週間で2話分を撮影しなければならない厳しい状況だが、素敵な作品に仕上げるために一丸となっているという。第5話は韓国で2月6日に放送される予定だ。