ホン・ジニョン、2月のカムバック大戦に合流…9日に新曲「愛してる愛してない」をリリース

写真拡大

歌手ホン・ジニョンが9日のカムバックを確定した。

所属事務所MUSIC K エンターテインメント側は1日、「トロット(韓国の演歌) 歌手ホン・ジニョンが9日、新曲『愛してる愛してない』をリリースし、本格的にカムバックする。2月の歌謡界のカムバック大戦にホン・ジニョンが合流し、さらに多彩なジャンルの音楽たちで豊かな見ものを与える予定だ。お楽しみにしてほしい」と伝えた。

ホン・ジニョンが新曲を発表するのは、昨年3月に発表したミニアルバム「花様年華」以来、11ヶ月ぶりである。当時のタイトル曲「親指チャック」は、ホン・ジニョンの爽やかで溌剌としたボイスと中毒性あるメロディーがシナジーをもたらし、大人気を博した。

特にホン・ジニョンは2月、ガールズグループ大戦が予告された中、差別化したトロット曲で歌謡大戦に合流することになった。

トロットの低迷期である歌謡界に、唯一無二世代を超えたトロット女王として活躍しているホン・ジニョンのカムバックが、トロットの全盛期を再びもたらすことができるのか、期待を集める。

2009年のデビュー曲「愛のバッテリー」でデビューしたホン・ジニョンは「生きるというのは(Cheer Up)」「私の愛」「ブギマン」など、多数のヒット曲で韓国最高のトロット歌手として位置を固めた。代表曲「生きるというのは」は公開してから1年間、トロットチャートで1位をキープし、威厳を誇示した。

ホン・ジニョンは今回の旧正月に各種バラエティ番組に出演し、抜群のバラエティセンスと話術で視聴者たちに楽しさを与えた。

また、先月28日に韓国で放送されたJTBC「知ってるお兄さん」では新曲「愛してる愛してない」を短く公開し、曲に対する期待感を高めた。放送後、インターネット上には新曲に対する関心が殺到するなど、ファンたちの期待は高まっている。