2006年から2009年にかけて放映された「Get a Mac」シリーズのCMに出演していたMac役俳優のジャスティン・ロング氏が、HuaweiとCM出演契約を結んだことが明らかになりました。

Mac担当俳優がHuawei Mate 9のCMに出演

MacとPCを擬人化したテレビCMシリーズ「Get a Mac」は、そのユーモラスかつシニカルな内容が注目を集めました。CM製作の裏話については、放送開始から10周年を機に振り返ったこちらの記事を参照してください。
 
このCMにMac役として出演していた俳優のジャスティン・ロング氏が、今度は中国のスマートフォンメーカーHuaweiと、CM出演契約を締結しました。出演第1作目は、同社の最新スマホ「Mate 9」のCMです。
 

Apple CM出演の過去が契約の理由

ロング氏は、2009年以降はAppleのCMには出演していません。しかし広告ニュースサイトCampaignによれば、Huaweiが同氏にCM出演を求めた最大の理由は、過去にAppleのCMに出演していたという経歴にあったようです。
 
そのため当初Huaweiはロング氏に対し、AppleのCMに出演していた過去をはっきり示すCMづくりを提示したようですが、ロング氏や広告代理店が、以前の経験を若干匂わせる程度にとどめるよう説得した、とCampaignは伝えています。

ロング氏、Mate 9の面接を受ける

ロング氏出演のCM第1弾は「面接」というタイトルで、ロング氏がMate 9と向かい合って座り、自分がHuaweiの新CMの監督にどれだけふさわしいかを主張する内容になっています。
 
「こうした機会を与えてくださってありがとうございます」というセリフから始まり、「テクノロジーでは豊富な経験があります。監督した経験があるか?ないです。監督の衣装は持っているか?スカーフと帽子とベストですか?持っています」
 
Mate 9はロング氏に対し、絵文字や画像、動画で答えます。
 
スクリーンショット 2017-02-01 13.17.14
 
ロング氏は続けます。「あなたはスマートで効率的、充電しなくても2日間持つ。本当にすばらしい」
 
ロング氏が採用となったことを伝えるのに、Mate 9は花火の動画を再生します。
 
スクリーンショット 2017-02-01 13.19.05
 
最後に「アルって呼んでもいいですか?」というロング氏に対し、初めて音声で「私の名前はAlexaです」と回答、Mate 9が音声アシスタンスAmazon Alexaを搭載していることも示しています。
 

 
 
Source:Campaign via MacRumors
(lunatic)