ジョン・レノンと私、大して変わりやしない #ふたりごと

写真拡大 (全5枚)

生まれ変わったらかぁ...。

それを聞いて『私は貝になりたい』っていう映画を思い出した。壮絶な人生を送る主人公が「生まれ変わるなら深い海の底の貝になりたい」って遺書を残した実話だったよね。

「もう一度自分をやり直したい」じゃなくて「貝になりたい」って言葉に涙が止まらなかったなぁ。

あれを思うと、「もう一度自分になりたい」って思えること自体、しあわせだね。(観たことがない方はぜひ。小説もあります。)

いまを生きるのに必死で、生まれ変わったら...なんて考えたこともなかった

ちなみに私は、いまを生きるのに必死で、生まれ変わったら...なんて考えたこともなかった。そして、いま考えてみても、もう一度自分になりたいとは思わないかな。いまの自分を死ぬまでに十分に味わい楽しむつもりだから、一度で大丈夫!

多感だった10代のころに観て印象に残ってる映画は『今を生きる』。この映画は、私の人格形成に随分影響があったと思う。

誰かの引いたレールの上を歩くのではなく、自分で感じ、自分で判断し、いまを精一杯生きるんだ! っていうメッセージは、私のベースにいまもある。

私が惹かれる4人。昔から変わらない

20170201_kumio_03.jpgそして、私が惹かれる人も昔から変わらない。

意志がはっきりしていて、きれいごとを言わず、努力と苦悩に揉まれ、人にどう思われてもいい、という覚悟がある人。

ココ・シャネルと立川談志、吉田松陰、岡本敏子。

この4人は、「いまを生きる」を実行していた人たちだと思う。

自分にそれができていないから、強烈に惹かれる。一方で、本当は彼らも同じ人間で、もしかしたら自分と大して変わりはしないのかな。

インスタに写真をアップするときは、カッコつける

最近はSNSで発信することで、良くも悪くも人のイメージができあがる。でも、それってあまり意味がないなぁ...って思ってるんだ。

私がInstagramに写真をアップするときは、自分がどう見えるか、どう見せたいか、何を伝えたいかをものすごく考えてるのね。

だからカッコつけるし、写真に余計なものが写り込まないように撮る前に必ず確認するし、光や角度も気をつける。発信する言葉も、もちろんひとつひとつ選んでる。

でも実際の自分は、ずっとInstagramのような状態じゃなくて、服がよれているときもあれば、疲れ切った顔をしているときもある。

シャンパンは大好きだからいつもストックはしていて、飲むときはせっかくだからおいしくいただきたいと、チーズやオリーブを用意する。でも、普段はビールがメインだし、スルメをコンロで直に炙ることだってある。

でもそれをみんなが見たいか? っていったら、正直どーでもいい私の日常じゃない? だから見せてないだけ。

シャンパンをおいしそうに飲む私も私だし、ビールを片手にしている私も私。

笑顔の私も、不機嫌でしかめっ面している私も、人にやさしくできる私も、無関心になるのも私。

いろんなときがあって、それが当たり前の私。

だから、たとえ憧れている素敵な人だって、当たり前のようにダメなときはあるよね、って楽観的に想像しちゃう。

そう思ったら、みんな大して変わらない、っていい意味で思えてくる。だから、無駄にイメージをつけることは必要ないことなのかもなぁ、って思ったんだ。

ジョン・レノンと私。大して変わりやしない!

20170201_kumio_04.jpgそれに気がついたときに浮かんだのが、20代前半のほとんどを費やすほど夢中になった真心ブラザーズの『拝啓、ジョンレノン』っていう曲。(知らない人がいたら、ぜひ聞いてみてね!)。

久しぶりに聴いてみたら...

「拝啓、ジョンレノン
僕もあなたも大して変わりやしない
そんな気持ちであなたを見ていたい
どんな人でも僕と大差はないのさ

拝啓、ジョンレノン
そんな気持ちで世界を見ていたい
雨も雲も太陽も時間もめいいっぱい
感じながら僕は進む」

まさに、これだった。

ジョン・レノンと私、大して変わりやしない、って。20年前、この曲を聞いて衝撃が走ったはずなのに忘れてしまっていたよ。

そして、私にとって懐メロのように聞くYO-KINGの声はとてもやさしくて大切なことを思い出させてくれた。やっぱり、自分って変わるようで根本はあまり変わらないんだね。

ひーちゃんの根本にあるものってどんなこと?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

こちらも読まれています

・ティファニーがCMにガガを起用。「ジュエリーは、自分に強さをくれる」

・奇妙なティム・バートンに言われた「奇妙なところがあっても別にいい」

・「普通」ってない。2017年春の袖コンシャスが大胆