写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー損害とヤフーは、スマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」から得られる運転特性データを活用した、新しいテレマティクス保険商品や関連サービスの開発に向けた共同研究を開始すると発表した。

ソニー損保は、保険契約者の同意を得た上で、2017年春から約1年間の予定でモニターテストを実施。具体的には、「Yahoo!カーナビ」で計測された、走行速度、急加速、急減速などの運転特性データを、テレマティクス保険のひとつである運転行動連動型(Pay How You Drive型 以下「PHYD型」)保険商品を開発するための研究に活用する。

Yahoo! JAPANは、「Yahoo!カーナビ」を通じて、目的地へのナビゲーションだけでなく、ドライバーの安全運転意識や運転の利便性を高めるためのサービスを提供しており、かねてからドライバーの安全運転行動に直結する自動車保険分野との連携を検討していたという。

(丸山篤)