newproduct_20170201_panasonicGH5_I.jpg

写真拡大

オープンプライス / 3月23日発売

パナソニック LUMIX DC-GH5

主な特長

  • 新開発のイメージセンサー、画像処理エンジンで高品位画質
  • 世界初の4K60p動画記録可能

パナソニックは、世界初の4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5」を発売する。新開発のイメージセンサー「Live MOSセンサー」を搭載していて、有効画素数は約2033万画素となる。画像処理エンジンも新開発されている。解像・高感度画質・色再現性が大幅に進化した「ヴィーナスエンジン」により、交換レンズの持つ解像性能を余すことなく再現するだけでなく、「新3次元色コントロール」で、明度・彩度・色相別により忠実な色調を再現できる。

上記2つの新機構により、4K60p動画記録を実現。4:2:2/10bitカラーサンプリングの4K/30p記録はレンズ交換式デジタルカメラ初となる。また、約18メガの高画素で、秒間30コマ高速連写が可能な「6Kフォト」も実現している。

有効画素数:2033万画素 / 記録メディア:SDXC、SDHC、SDメモリーカード / ISO感度:オート・インテリジェントISO・100 ・200・400・800・1600・3200・6400・12800・25600(1/3EVステップに変更可能) / 液晶モニタ:静電容量方式タッチパネル / 外寸:約138.5×98.1×87.4mm(突起部除く) / 質量:約645g(本体のみ)

お問い合わせ先:お客様ご相談センター(0120‐878-365)