【ルノー ルーテシアがマイチェン】デザインと装備に手を入れて価格も引き下げ!

写真拡大 (全10枚)

インテンスは10万円以上の値下げ

Bセグメントハッチバックのルノー ルーテシアがマイナーチェンジを実施し、さらに魅力を増して登場した。内外装のデザイン変更、装備の追加、グレードの整備などが行われている。

ルーテシアは日本でいうところのコンパクトカーに属するモデル。フランス国内ではすべての乗用車のなかで7年連続販売台数ナンバー1に輝いている、大人気モデルだ。

今回のマイナーチェンジでは、まずインテンスとゼンで展開されていたラインアップに、エントリーグレードのアクティフが追加された。全グレード1.2リッターターボ+6速EDCの組み合わせとなる。

では変更点を見ていこう。エクステリアは、前後のバンパーのデザインを変更し、ワイド感を強調するものになった。さらに「インテンス」「ゼン」グレードに関してはヘッドライトがハロゲンからフルLEDとなり、さらにCシェイプランプという、アルファベットのCの字型のスモールライトが装備されている。

このライトは、開施錠時にはCシェイプランプが点灯し、自車の位置を知らせる(ウェルカムランプ/グッドバイランプ)機能と共に、暗がりでクルマを離れる際に、見送るように一定時間ランプを点灯してくれるシーミーホームも加わる。


ライトでいえばリヤコンビランプも数mm拡大され、バンパーと合わせて左右への広がり感を増した。
また、エクステリアではホイールの意匠変更も実施されている。


インテリアに目を向ければ、シートとドアトリムのデザインにも手が加わった。ドアトリムは素材が見直され、質感の高いソフトパッドが採用されている。


ゼンとアクティフに関しては、ステアリングの形状が変更となったほか、「R&Go」アプリをダウンロードするとスマートフォンでラジオやハンズフリーなどの操作が行えるようになる、R&Goアプリ対応ラジオを装備した。

これは上級グレードのインテンスのみだが、ボディカラーに合わせた3色のインテリアカラーと2色のシートカラーの組み合わせが設定されたことも見逃せない。

こうした変更を受けて商品力がアップしつつも、インテンスで10万9千円、ゼンが2万9千円と価格が下がったのだからお買い得といえるだろう。

インテンスとゼンは2月9日(木)、アクティフは3月23日(木)の発売だ。

ルノー ルーテシア マイナーチェンジ 新装備・変更点

●フルLEDヘッドランプ(オートハイトコントロール、シーミーホーム機能付き[インテンス/ゼン])

●リアLEDランプ[インテンス/ゼン]

●フロントLEDランプ[アクティフ]

●新フロントデザイン

●新ホイールデザイン

●新インテリアカラー[インテンス]

●新シート&ドアトリムデザイン

●ファブリック×レザー調コンビシート[インテンス]

●R&Go アプリ対応ラジオ[ゼン・アクティフ]

●自動防眩式ルームミラー[インテンス・ゼン]

●LEDマップランプ[インテンス・ゼン]

●ステアリング形状変更[ゼン・アクティフ]