画像

写真拡大

 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)が国内ライセンスを取得、43 カ国目の組織として IAB グローバルネットワークに加わった。今後、JIAAはグローバルネットワークにおいてはIAB Japan (JIAA) と称することとなる。

 日本インタラクティブ広告協会(以下、JIAA)は、Interactive Advertising Bureau(インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー、以下、IAB)とJIAAが正式に提携したことを1月31日(米国時間)付で発表した。JIAAはグローバルネットワークにおいてはIAB Japan (JIAA) と称することとなる。

 IABとJIAAの連携は2014年に始まり、政策・プライバシー、測定・ビューアブルインプレッション、不正広告といった課題について、オンラインでの会議や日本幹部のニューヨークIAB本部への訪問などが行われてきた。今後、JIAAは改めてIABと密な連携を進める。

 なお、IABは、IAB Japan (JIAA) を含め、世界43カ国と1地域(IABヨーロッパ)に設置されている。各々の団体は、ガバナンスや財務の透明性を確保しつつ、デジタル業界の発展のため、国内市場のニーズに合った定款のもとでそれぞれ独立した組織として運営されている。

MarkeZine編集部[著]