Zion.T、新曲「歌」MVを公開…個性あふれる音色&ユニークな音楽カラー

写真拡大 (全2枚)

元祖音源強者が帰ってきた。魅力的な音色と感性を持ち、さらに深まった魅力でリスナーを虜にする。歌手Zion.Tという名前だけで与えられる信頼の重さを証明するかのように、Zion.Tらしい、さらにグレードアップした音楽が公開された。

Zion.Tが1日0時、ニューアルバム「O O」を公開した。タイトル曲「歌」をはじめ、「映画館」、「COMEDIAN」、「ごめん」、「悪いやつら」、「COMPLEX」、「風[2015]」まで7曲が収録されたニューアルバムだ。YG傘下のTHE BLACK LABELに移籍した後、初めて発売するニューアルバムで、Zion.Tのカラーが色濃く表れている音楽だ。聴き慣れていながらも新鮮で、だからなおさら魅力的だ。

「この曲は有名にならないでほしい/ この曲は有名にならないでほしい/ 人々が歌詞を覚えられないでいい/ エラララ エベベベ/ 他の僕の曲のようにオー/ 有名にならないでほしい/ 有名なある曲のように/ すぐに忘れられないように」

タイトル曲の「歌」はZion.T特有の個性あふれる音色がさらに魅力的に聴こえ、ユニークな音楽カラーが色濃く表れている。「この曲は有名にならないでほしい」という印象的な歌詞で始まる曲だが、Zion.Tならではのストーリーテリングが引き立つ。やはり音楽ファンを失望させないZion.Tの音楽世界だ。

「歌」と共に注目される曲はBIGBANGのG-DRAGONがフィーチャリングに参加した「COMPLEX」とBeenzinoがコラボした「ごめん」。2人の個性派ラッパーとZion.Tが出会い、期待以上の相乗効果を生み出した。