かっぱ寿司から東大生が監修した「受験寿司」が登場したよ / 食べるだけで頭の回転がよくなる…かも!?

写真拡大

2月といえば本格的な受験シーズン。そこで、大手回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」が2月の特ネタとして企画したのは「受験寿司」なるもの。

東大生を中心としたインカレサークル「東大料理愛好会」監修による受験生応援の寿司セットと、「ここぞ! 勝負に勝つ寿司」をコンセプトにした、活(=勝つ)〆寿司という2種が登場するんですって!

東大生が考案……その言葉だけで、食べたら頭がよくなれる気がするから不思議!! いったいどんな内容なのか気になります。

【東大生が考えた頭の回転寿司セット】

「東大料理愛好会」が監修した「東大生が考えた頭の回転寿司セット」は「まぐろたたきアボカドロール」「なっとう軍艦」「天然! 北釧(ほくせん)〆とろいわし」「寒ぶり」「どでか豚生姜焼き直火炙り」の5種類で、すべてに「白ごま」が使われています。

たんぱく質が豊富なまぐろや、グルタミン酸が豊富な寒ぶり、ビタミンBが含まれた豚肉に納豆、アボカドなど、頭の回転を意識した食材が使われているのが特徴で、お値段はひと皿380円(税抜)です。

【勝つ寿司】

そしてもう一種類が「勝つ寿司」。全7種の活(=勝つ)〆寿司が並ぶのですが、これがどれもおいしそう!!

「大分県産 活〆かんぱち」(一貫180円+税)、「鹿児島県産 活〆ひらまさ」(一貫180円+税)、「天然!活〆一本穴子店内直火炙り(塩)」(ひと皿380円+税)などなど、かっぱ寿司らしく、値段がリーズナブルなのがうれしいですね。

【かっぱ寿司へGO!】

受験生でなくても、おいしそうなネタに思わず注文したくなっちゃう「受験寿司」2種。2月1日〜2月28日が対象期間となっていますのでお見逃しなく! 最近すっかり物忘れがひどく私も、このお寿司を食べたら頭よくなるかしら……。

ただし「勝つ寿司」はネタによって提供期間が異なるので、そこだけはご注意を。詳しくは参照元プレスリリースでご確認ください。

参照元:かっぱ寿司、プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む