CD、DVDの文学全集?

写真拡大

文学全集といえば、その著者の小説のほか、エッセイや、対談などがあますところなく収録されたものといった印象があります。ですが、三島由紀夫全集は、CDとDVDがついています。

どんな内容?

「三島由紀夫全集」は新潮社から決定版全42巻が発売されています。このほか補巻1、別巻1の全44巻です。そのうち41巻は「音声」というくくりで、7枚組のCDで構成されています。収録内容は、朗読がわが友ヒットラー、第一幕、わが友ヒットラー、第二幕、第三幕、椿説弓張月、英霊の声、講演が我が国の自主防衛について、悪の華:歌舞伎英霊の声、さらに歌唱曲の、起て!紅の若き獅子たち、からつ風野郎が収録されているほか、三島が通っていた学習院の先輩で美術評論家の徳大寺公英との対談が収録されています。きわめつけは外国人特派員協会で行われた英語による講演「私はいかにして日本の作家となつたか」でしょう。流暢な英語をしゃべる三島由紀夫の声がうかがえます。外国人記者との質疑応答も収録されています。

DVDは?

さらに、「三島由紀夫全集」には別巻として、映画「憂国」のDVDが収録されています。これは原作・製作・脚色・監督・主演のすべてを三島由紀夫がつとめた幻の作品です。