Xperia祭りだぜ!

iPhoneだの、Galaxyだの、いろいろ世界は騒いでるけど、やっぱりボクはソニーのXperia。でも、そんな根強いファンがいるものの、スマートフォン市場でXperiaが明らかに苦戦を強いられているのも事実ですよね。いろんな日本のメーカーがスマートフォン開発から撤退してきたため、そういう展開にならないよう願っているなんてユーザーまで出る始末でしたが…。

ところがなんと、ソニーはXperia事業の縮小どころか、かつてない勢いの新製品ラッシュに向けた発表会を予定しているとのことですよ。SlashGearによれば、すでに発表予定の5モデルのコードネームまで伝わっており、2月末からスペインのバルセロナで開催されるモバイルワールドコングレス(MWC)2017で、ソニーが基調講演を予定している2月27日に一斉披露される可能性が高そうです。

気になる5モデルの詳細ですが、まずは最上位機種となる「Yoshino」と呼ばれるモデルは、Snapdragon 835プロセッサを搭載し、6GBのRAMに、5.5インチの4Kディスプレイを採用した豪華仕様に。ソニーのIMX 400センサーを装備する美しいカメラも用意され、これが昨年発売された「Xperia XZ」の後継機種になるのではと噂されています。

また、同じく上位機種の「BlancBright」と呼ばれるモデルにも、Snapdragon 835もしくは、635が搭載される予定です。4GBのRAM、ソニーのIMX 400カメラセンサーが装備、5.5インチのWQHDディスプレイを備える仕様で、まずまずのハイスペックモデルとなりそうです。こちらのモデルが「Xperia X2 Performance」になるのではないかと噂されています。

さらにミドルレンジには、MediaTek Helio P20プロセッサを採用する「Keyaki」および「Hinoki」の2モデルのコードネームがリークされていますよ。Keyakiは5.2インチのフルHDディスプレイを装備し、4GBのRAM、64GBのストレージ、23メガピクセルのリアカメラに16メガピクセルのフロントカメラを備えるとリークされています。Hinokiは、5インチのHDディスプレイ、3GBのRAM、32GBのストレージ、16メガピクセルのリアカメラに8メガピクセルのフロントカメラの仕様が噂されています。これはXperia Xシリーズのなかで、どの位置づけになるのかわかっていません。

なお、最後に謎の「Mineo」なるコードネームのモデルも控えています。まるで格安SIMを想起させる名称のMineoにまつわるスペックは一切明かされておらず、低価格モデルのラインナップか?なんて憶測が流れていますよ。

あくまでも一連の情報は噂にすぎず、CES 2017で発表されたSnapdragon 835プロセッサを搭載するモデルなどは、2月末発売には間に合わないでしょう。とはいえ、小出しに新モデルをリリースするのではなく、MWCに合わせて今年発売する5モデルを盛大に一斉披露してくる展開は十分にありそうです。期待しているXperiaファンの夢をかなえてほしいものですよね〜。


・速いだけじゃない。新プロセッサ「Snapdragon 835」はVRにも強いんです

image: SlashGear
source: SlashGear

(湯木進悟)