目指せアカデミー賞 (C)こうの史代・双葉社/
「この世界の片隅に」製作委員会

写真拡大

 片渕須直監督の長編アニメーション「この世界の片隅に」の北米配給が決定。劇場公開は今夏を予定している。

 英語タイトルは「IN THIS CORNER OF THE WORLD」。マルチプラットフォームメディア企業Shout! Factoryが1月31日(現地時間)、米国とカナダでの劇場公開、VOD、デジタル配信、テレビ放映、家庭用プロダクトの権利を獲得したことを発表した。グローバルの配給は、英の配給・製作会社アニマツ・エンタテインメントが手がけている。

 本作は、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックの映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインのすずと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描き、主人公の声優を女優・のんが務めた。

 クラウドファンディングでの資金調達の成功で製作・公開への弾みがついた本作は、昨年11月12日に公開されるとSNSを中心に口コミがひろがり、国内映画ランキングでは12週連続で10位以内をキープ。興行収入は1月30日時点で17億3840万円を突破し、20億円の大台も目前という驚異的な興行をみせている。アメリカでは、ロサンゼルスの劇場で7日間上映された場合、来年の第90回アカデミー賞長編アニメーション部門の審査対象になる。