Google、iOS版Chromeのソースコード公開。コミュニティでの機能追加やテストで開発加速へ

写真拡大

Googleが、iOS版Chromeブラウザーのソースコードを公開しました。Googleはデスクトップ版やAndroid版Chromeのソースコードを公開しているものの、これまでiOS版に限ってはソース公開が遅れていました。

オープンソースのブラウザー開発プロジェクトChromiumをベースとして開発されているChromeブラウザーは、独自のBlinkレンダリングエンジンを採用します。これに対し、iOS版Chromeに限ってはアップルの方針によってWebkitがレンダリングエンジンに指定されているため、ソースコードの多くを独自コードにせねばならず、コードの公開が遅れる要因となっていました。

ここへ来てGoogleがiOS版Chromeのソースコードを公開することにしたのは、ほかのChromeブラウザーとのソースコード共通化が進み、ようやくChromiumベースのブラウザーと呼べるに至ったからとのこと。

Googleは、開発者へのソースコード公開によってChromiumコミュニティへの貢献が可能になり、コミュニティ内でiOS版Chromeへの機能追加やテストが行えることで、その開発も加速していくことになるとの期待をブログに綴りました。

ちなみに、公開されたソースコードは誰でも自由に閲覧し、また手を加えることができます。コミュニティへの貢献だけでなく、自身でiOS向けのブラウザーやWebView機能を持つアプリを制作する開発者にとっても、大きな参考書となりそうです。