1

ケンタッキーフライドチキン(KFC)の冬の新チキンとして「辛旨生姜チキン」と「ドラゴン生姜ツイスター」が2017年2月1日(水)からラインナップに加わりました。ちょうど「ケンタッキーからバレンタインプレゼント」と称して、デザートドリンクのKrushersにチョコブラウニーを無料トッピングしてくれるということだったので、食べにいってきました。

生姜が香る、冬の新チキンが登場!「辛旨生姜チキン」 2月1日発売〜「ドラゴン生姜ツイスター」同時発売〜「『はっ!ケン隊(たい)シリーズ ぺたぺたステンドグラス風ペーパー』つきスマイルセット」2種 同時発売

http://japan.kfc.co.jp/news_release/news170130kfc.html

ケンタッキーからバレンタインプレゼント!冬季限定「Krushers(クラッシャーズ)」に「チョコブラウニー」を無料トッピング「バレンタイン期間限定 今だけ!チョコブラウニープレゼント!」2月1日開始〜対象商品:「Krushers贅沢ビターショコラ」2種(「フランボワーズ」、「ココアビスケット」)〜

http://japan.kfc.co.jp/news_release/news170126kfc.html

KFCに到着



頭上のメニューの中央に陣取った「辛旨生姜チキン」と「ドラゴン生姜ツイスター」。



Krushersは手元のメニューからちょこっとはみ出していました。



まずは「辛旨生姜チキン」から食べていきます。1ピース税込270円で、サイズはオリジナルチキンと同じ。



スパイスが効いた辛口なのはオリジナルチキンとも共通しているのですが、生姜が効いているのがポイント。ピリピリと刺すような辛さではなく、じんわりと口全体や内臓に染み渡るような辛さです。体を温めるにはちょうどよい感じ。



一方の「ドラゴン生姜ツイスター」は単品で税込340円。



具材はトルティーヤでしっかりと包み込まれています。



このままでは中身が見えないので開いてみました。ツイスターに使われているのは骨なし・皮なしのカーネルクリスピーで、にんじん、レタス、水菜とともに、生姜をきかせた中華風の油淋鶏だれをかけてトルティーヤに包んでいます。



辛旨生姜チキンとは違って、こちらの味付けは「甘辛」。この味がチキンと合わないわけがなく、骨なしで食べる途中に引っかかる要素もないので、食べ始めるとあっという間にペロリと平らげてしまいました。



最後はKrushersで、冬季限定フレーバーの「ココアビスケット」と「フランボワーズ」(各税込320円)に期間限定でチョコブラウニーが無料トッピングされます。



もともとチョコレート味の濃厚なKrushersに、さらにしっとりと濃いチョコブラウニーが加わって、口の中が甘みに占領されます。「ココアビスケット」だと、全体がチョコレート味なので、ブラウニーはあってもなくても目立たないというのがちょっと残念なところ。



一方の「フランボワーズ」であれば酸味のあるフランボワーズソースがアクセントになっているので、チョコブラウニーにからめて食べると甘みと酸味のギャップが楽しめます。なお、チョコブラウニーは数量限定で、なくなり次第トッピングは終了するとのことです。