ポーランドのレフ・ワレサ元大統領(2016年2月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ポーランドの検察当局は1月31日、同国の民主化運動を率い、ノーベル平和賞(Nobel Peace)を受賞したレフ・ワレサ(Lech Walesa)元大統領(73)について、筆跡鑑定の結果、共産主義政権時代に秘密警察に協力するスパイだったことが証明されたと発表した。

 ナチス・ドイツ(Nazi)支配下と共産主義時代の犯罪を訴追する「国民記録機関(IPN)」によると、ワレサ氏は秘密警察との間で交わした協力の契約書と報酬の領収書に署名していたという。

 IPNのアンジェイ・ポゾルスキ(Andrzej Pozorski)氏は記者団に対し、ワレサ氏が秘密警察の協力者だったことは「もはや疑いようがない」と述べた。

 ワレサ氏は、自主管理労働組合「連帯(Solidarity)」を率いて1989年に無血の民主化を実現した。連帯を率いていた際、共産党政権に情報を提供していたとする疑惑は以前から浮上していたが、同氏は一貫して否定している。

 今回のIPNの発表についてワレサ氏はコメントを出していないが、同氏の弁護士は地元テレビ局ポルサット・ニュース(Polsat News)に対し、「きょう決着がついたわけではない」と語り、新たな筆跡鑑定を求める意向を示した。

 ポゾルスキ氏によると、IPNが入手した秘密警察の文書にはワレサ氏の当時の暗号名とされる「ボレク(Bolek)」の署名が入ったものも含まれ、南部クラクフ(Krakow)の科学捜査の専門家らによってこれらの文書が本物であることが確認されたという。

 ワレサ氏は筆跡鑑定のためのサンプル提出を拒否しており、専門家らは入手した文書と、ワレサ氏の旅券(パスポート)申請書や身分証明書、運転免許所などに記された筆跡を比較した。
【翻訳編集】AFPBB News