米自動車メーカー、中国で高級SUVが大人気 販売台数は過去最多

写真拡大

中国の消費者は、米国製の自動車を非常に魅力的だと思っているようだ。特に高級車ブランドは、高額にも関わらず人気が高い。中国企業との合弁により同国内で自動車を生産・販売している米国の自動車メーカー各社は2016年、過去最多となる530万台を販売した。

高級車ブランドのキャデラック、ビュイック、リンカーン、ジープは販売の好調ぶりが特に目立った。一方でシボレーやフォードといったブランドが含まれる大衆車のセグメントでは、国産メーカーからの風当たりが強かったようだ。

米国の主な自動車メーカーの2016年の中国市場での販売台数は、次のとおりだった。

・ゼネラル・モーターズ:387万台(前年比7%増)
・フォード:127万台(同14%増)
・フィアット・クライスラー(ジープ):13万3,000台(同94%増)

以下、上記3社の昨年の中国市場での販売状況について、概要を紹介する。

ゼネラル・モーターズ(GM)

GMのビュイックは昨年、前年比19%増の118万台を売り、中国で最も売れたブランドとなった。また、キャデラックは同46%増の11万6,000台を販売。中でもSUVの「XT5」の販売台数が大幅に伸びた。

中国の高級車市場はBMWやポルシェ、アウディ、メルセデス・ベンツなどのドイツ車が優勢を占めており、各社を合わせた市場シェアは全体の75%に上っている。キャデラックとレクサス、ランドローバーは、その後を追う状況だ。

また、シボレーは中国市場では大衆車のブランドという位置付けになっている。吉利汽車(ジーリー)や長城汽車(グレートウォール)などの国産ブランドが品質を上げてきていることから、大衆車ブランドは世界的にもリスクにさらされている。

GMの低価格帯のモデルは、中国企業との合弁によって生産されている。上海汽車集団(SAIC)とは、「宝駿(バオジュン)」ブランドの小型車とSUVを手掛ける。昨年の販売台数は前年比49%増の68万8,000台だった。また、GMとSAIC、五菱汽車の3社が合弁で生産する「五菱(ウーリン)」は、過去最多となる135万台を販売した。ウーリンは価格1万ドル(約113万円)以下のミニバンとトラックを専門に扱っている。

フォード

SUVのエッジが非常に好調で、販売台数は前年比123%増を記録。特に下半期に売り上げが伸びた。中国のSUV市場は急成長しており、昨年は販売台数が初めて800万台を上回った。中国の自動車市場はそのSUVのセグメントだけでも、日本の自動車市場全体の2倍の規模に相当する。

フォードはリンカーンの販売も極めて順調だ。2016年の販売台数は、前年の約3倍に当たる3万台を超えた。リンカーンが中国で発売されたのは2014年だが、すでに販売店を65か所に開設している。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)

FCAは2007年に一度中国市場から撤退した後、新たな合弁相手である広州汽車集団(GAC)と組み、2012年から中国事業に再び進出。その後は特にジープに注力してきた。中国で販売されるダッジとクライスラーは富裕層向けで、販売台数は限定的だ。

ジープの2016年の販売台数は前年から倍増し、13万3,000台に達した。「レネゲード」は2万2,000〜2万8,000ドルと販売価格が高額にも関わらず、流行に敏感な都市部の消費者に特に人気だ。FCA とGACはその他、コンパス、チェロキーも生産している。

ジープが北京吉普汽車(北京ジープ)と中国初の合弁会社を設立、ジープの販売を開始した当時、SUVは消費者から無骨なトラックのように捉えられていた。だが、現在そのSUVはクロスオーバーと共に、中国の消費者から最も高い支持を得ている。

巨大市場はさらに拡大へ

中国では2016年後半に自動車の需要が急増、年間の販売台数は自動車とトラック、バスがいずれも過去最多を記録。販売台数は合計およそ2,750万台に達した。

中国の自動車市場はすでに米国の1.5倍の規模に成長しており、年間販売台数は、2020年には3,000万台を超えると見込まれている。つまり、米国の自動車メーカーは高級ブランドを中心に、今後も同国でのさらなる成長を見込めるということだ。