Snore Circle

写真拡大

 ウェザリージャパンは、VVFLYエレクトロニクスのいびき改善スマートツール「Snore Circle(スノアサークル)」を発売した。直営オンラインショップでの税別価格は1万4074円。

 独自の音認識と骨伝導によって、睡眠中に起こるいびきを正確に捉えて、本体のマイクロサウンドとマイクロバイブレーションで副交感神経と咽頭神経を司る迷走神経に働きかけ、いびきの原因である喉の筋肉のゆるみを引き締めることで起動を確保し、スムーズな呼吸を促すいびき改善デバイス。

 睡眠サイクルを計測する機能も備えており、ひと晩で何回いびきをかいたか、いびきを何回ストップしたか、睡眠の状態(深い/浅い)といった睡眠データは、Bluetoothでスマートフォンなどに転送し、iOS/Android対応の専用アプリで閲覧・管理できる。

 本体には柔らかいシリコンを採用し、睡眠時の装着でも違和感なく、軽量・コンパクトなので手軽に持ち運べる。また、耳の大きさに合わせて横に伸ばせるため、さまざまな大きさの耳にフィットする。

 対応機種は、iPhone 4s以降、第3世代以降のiPad、iPad mini、第5世代iPod touch、Bluetooth SMARTに対応したAndroid 4.3以降を搭載するAndroidスマートフォン/タブレット端末。バッテリ駆動時間は約2日間。サイズは幅13×高さ62×奥行き44mmで、重さは18g。30日間の返金保証と、1年間の製品保証が付属する。