機能追加された「nuroモバイル」通信サービスの概要を示すイメージ図(写真:ソニーネットワークコミュニケーションズ発表資料より)

写真拡大

 ソニーネットワークコミュニケーションズは31日、「nuroモバイル」通信サービスにおいて、機能を追加し新端末の対応などサービス内容を強化して2月1日から提供すると発表した。追加される機能は、「5分かけ放題」、「5時間プラン」、「パケットギフト」の3つ。

【こちらも】OCN モバイル ONE、かけ放題オプションが5分から10分に、料金同じで

 「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」は月額800円(価格はいずれも税抜)の定額で国内通話が5分かけ放題となるオプションプラン。利用状況や使い方に合わせて、付け外しが無料でできる。発信時に「0037-692」をつけるか、新たに提供を開始する「nuroモバイルでんわアプリ」を利用して発進すれば、オプションプラン無しでも国内一律30秒あたり10円の割引料金で通話が可能となる。

 「5時間プラン」は1日5時間まで高速通信が可能なプラン。容量ではなく使いたい時間で高速通信を提供するもので、高速通信時は最大375Mbpsで接続できる。料金は月額2,500円、音声付きとする場合は700円の追加となる。システム側で高速通信にて行うべき通信量を自動検知するため、高速通信時間の消費は無駄なく、また利用者によるON/OFF操作も不要。5時間の高速通信時間を使い切った場合でも、低速通信(最大200kbps)で引き続き利用できる。

 「パケットギフト」は、2GB〜10GBのプランを契約した利用者の間で、プラン容量内のパケットを分けあえる機能。限られた利用者とのみパケットを分け合うパケットシェアと違い、パケットギフトは「nuroモバイル」の利用者であれば誰とでも分けあえる。10MB以上1MB単位で「ギフトコード」を発行でき、発行されたギフトカードが有効期限である発行月最終日の前日までに受け取られなかった場合は、発行者に返却され、翌月のパケットに繰り越される。

 その他、「初速バースト」として、高速通信の容量や時間を使い切り低速の通信状態となった場合でも、はじめの一定量だけ低速状態以上の通信速度を許容する機能も追加した。

 新端末としては、新たにスマートフォンの「ZenFone 3 Max」と折りたたみ式携帯電話の「AQUOS ケータイ SH-N01」の販売を開始。現在販売中の「ZenFone 3」、「arrows M03」、「BLADE E01」の販売価格は値下げする。また、これまでSIM新規購入時にのみ機種の購入が可能であったが、SIM購入後でも追加で機種の購入を可能とする。