アラサー女子が選ぶ“嫌いなアラサー女性有名人”。2位は加藤紗里!

写真拡大

 芸能界に華を添える女性芸能人たち。、女性にとっては、スレンダーボディやファッションセンスに憧れの眼差しを向ける一方で、「こびてる」「あざとい」なんて、なんだか鼻につく人も。同性ならではの嗅覚は、画面の向こう側まで嗅ぎ取るようです。

 そこで女子SPA!では、25〜35歳の女性200人に「同世代の嫌いな女性芸能人」についてリサーチ(※)してみました! 編集部が独断で選んだ候補者のなかで、嫌われクイーンに輝いたのは…?

================
嫌いなアラサー女性芸能人は?
※複数回答、( )内は年齢

同率16位 菊地亜美(26) 13.5%
同率16位 マギー(24) 13.5%
同率14位 辻希美(29) 14.5%
同率14位 倖田來未(34) 14.5%
同率12位 木下優樹菜(29) 15.5%
同率12位 田中みな実(30) 15.5%
================

 同率で15位に並んだのが、辻希美(29)と倖田來未(34)。辻はミニモニ、倖田は“エロ可愛い”で、一世を風靡したのも今は昔。ふたりとも今はお母さんですが、ママタレ枠での活躍がいまひとつなのが現れた結果ということでしょうか。ところで、倖田來未の身長が154センチって知ってました?

“みんなのみな実”から“ぼっちキャラ”にイメチェンを図り、男性人気を取り戻した田中みな実(30)は13位。女子アナ定年説の30歳を迎えた今、生き残りのカギともいえる同性からの支持を得るため、次はどうキャラ替えするかが気になるところ。それとも、男性票だけで生き延びる?

================
11位 ベッキー(32) 18%
10位 小保方晴子(33) 19%
9位 おのののか(25) 20.5%
同率6位 あびる優(30) 23%
同率6位 misono(32) 23%
同率6位 安藤美姫(29) 23%
================

 ゲス不倫で休業を余儀なくされたベッキー(32)。もっと上位かと思いきや、11位に踏み留まりました。本格復帰の兆しが見え始め、出演映画では“悪役のボス”として、脚を露出し、鞭を振り回し、関西弁で怒鳴ったりしているとのこと。脱・優等生キャラの成否やいかに?

 そんなベッキーを差し置いて、リケジョの星・小保方晴子(33)が10位にランクイン。手記や対談に続き、雑誌『婦人公論』(中央公論新社)で連載までスタートさせ、いつしか主役は「STAP細胞」から「私」に……。芸能界入りを狙っているともっぱらの噂ながら、どこを目指しているのかまったく見えない迷走感全開です。

◆同率4位 芹那(31) 25%

 著名人男性たちからの口説かれ話を吹聴して「干された」認定の芹那(31)が4位に。ただのモテアピールかと思いきや、ギャラのいいイベント仕事をゲットするための策だったという銭ゲバ説もアリ。

◆同率4位 矢口真里(34) 25%

 芹那と同率で4位に並んだのは、「モーニング娘。」初代メンバーの矢口真里(34)。アイテープを剥がして整形疑惑を否定したり、生放送のインターネット番組で自ら乳首の色を公言したりと話題作りの必死さが漂いますが、クローゼット不倫の余波は根強く、ぶっちゃけキャラでの上書き保存の道はキビシそう!?

◆同率2位 上西小百合(33) 27.5%
 数々の芸能人を抑えて2位に輝いたのは、衆議院議員の上西小百合(33)。「政治にかける思いを伝える」フォト自叙伝やら、“浪速のエリカ様”らしい噛みつき発言やら、来年に迫った任期満了後に芸能界入りを目論んでいるという噂も納得の露出っぷり。せめて任期中は議員の仕事を優先してほしいものです。

◆同率2位 加藤紗里(26) 27.5%
 女子高生との淫行疑惑で活動自粛中の狩野英孝の元カノとして、突如芸能界に現れた加藤紗里(26)が同率2位にランクイン。この度の狩野の疑惑にも、涙を浮かべながらコメントするなどちゃっかり便乗。とはいえ、「売名行為キャラ」がすっかり定着し、袴田吉彦の不倫騒動では「またお前か!」と真っ先に疑われる羽目に。

◆1位 紗栄子(30) 29.5%

 ZOZOTOWN前澤社長との交際宣言で、女性の心にジェラシーとうらやましさの津波を起こした紗栄子が堂々の1位です! 25歳でシングルマザーになるも、社会的地位の高い男性と数々の浮名を流してきた紗栄子。あまりのモテっぷりに疑問の声が湧く一方、富豪を手玉に取る才能を尊敬する女性も現れたほど。一部では元夫ダルビッシュの躍進を元にアゲマン説も囁かれており、あやかりたい男性が後を絶たないのが理由だとか。

 同性ならではの目の付けどころが浮き彫りとなった今回の結果。彼女たちを反面教師にすれば、女性に嫌われないコツが学べるかもしれませんね。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(25歳から35歳の女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2017年1月19日〜22日
有効回答者数:25歳から35歳の女性200名

<TEXT/千葉こころ>