雑誌「Pen」はなぜ国際版を出版した? 日本のカルチャーを語るトークイベント

写真拡大

2月3日(金)、東京・銀座の「本屋 EDIT TOKYO」にて、雑誌『Pen』編集部の佐藤俊紀と、バラエティプロデューサーの角田陽一郎によるトークイベント『佐藤俊紀×角田陽一郎 Pen編集部と銀座で考える「日本のカルチャーは、本当に世界に届いているか?」』が開催される。

佐藤俊紀は、ファンション、アート、デザイン、映画、音楽、日本の伝統工芸、腕時計、カメラなど、カルチャーからプロダクトまで、幅広い情報を紹介するカルチャーマガジン『Pen』の編集者。一方、角田陽一郎はTVプロデューサー、ディレクターとして『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』『EXILE魂』など、数々の人気バラエティ番組を手がけてきた。

今回のイベントは、そんな2人が「日本のカルチャーは、本当に世界に届いているか?」をテーマに、世界から見た日本カルチャーの最新形を語るものだ。アニメ、アイドル、映画など、ジャパニーズ・カルチャーが世界に進出するなか、「我々が“イケてる”とモノ・ヒト・コトは本当に世界に通じているのか?」「『Pen』編集部は、『Pen』国際版をフランス、そしてアジアで出版した理由とは?」といったテーマで2人が語り合う。

『佐藤俊紀×角田陽一郎 Pen編集部と銀座で考える「日本のカルチャーは、本当に世界に届いているか?」』は、2017年2月3日(金)、本屋 EDIT TOKYO(銀座 ソニービル6階 中央区銀座5-3-1)にて開催。イベントは19:00〜21:00(受付は18:30〜)。料金は2000円。