31日、韓国メディアによると、韓国の大林産業とSK建設のコンソーシアムが日本企業を抑え、トルコの橋建設プロジェクトの受注を獲得した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はダータネルス海峡。

写真拡大

2017年1月31日、韓国・アジア経済によると、韓国の大林(テリム)産業とSK建設のコンソーシアム(共同事業体)が日本企業を抑え、トルコの橋建設プロジェクトの受注を獲得した。

業界によると、大林産業・SK建設コンソーシアムとトルコの建設会社2社が26日(現地時間)、「トルコ・ダータネルス海峡への橋建設プロジェクト」の優先交渉対象者に選ばれた。早ければ2月中にも正式に契約が締結される。

同プロジェクトは、欧州とアジア大陸をつなぐ3.7キロメートルのつり橋と進入道路を建設する事業で、総工費は4兆ウォン(約3850億円)規模と言われている。橋が完工されれば、明石海峡大橋(1991メートル)を抜いて世界で最も長いつり橋となる。

トルコ政府によると、同プロジェクトをめぐって世界24カ国の企業が受注競争を繰り広げた。欧州とアジア大陸を海底でつなぐ「ユーラシアトンネル」プロジェクトを成功させた経験を持つ大林産業・SK建設コンソーシアムは、最初から有力候補として挙がっていた。しかし、伊藤忠商事やIHI など日本企業のコンソーシアムが日本政府からの支援を受け、強力なライバルとして立ちふさがっていた。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは「素晴らしい!やっぱり韓国は建設強国」「たくさん雇用が増えますように」「日本企業に勝ったということだけでもうれしい」「困難な時期に素晴らしい成果を上げてくれた。今後も企業同士が協力して良いニュースを届けてほしい」「力を合わせることの大切さを実感。今後は“口”ではなく“国力”で日本に勝とう」など、喜びのコメントが多く寄せられた。

一方で、「低価受注でなければいいけど…」「受注競争に勝ったことは重要じゃない。利益が残る契約でなければならない」「3.7キロメートル?韓国の技術でそんなに長い橋が作れるの?不安だ」「受注競争に勝っても我々市民には何の利益もない。政府と大企業が潤うだけ」と指摘する声もあった。(翻訳・編集/堂本)