エアーでホコリを吹き飛ばしながら、掃除機で吸い取ると効率UP!

キーボードの掃除にエアダスター。車内のダイヤルの掃除にもエアダスター。カメラのセンサーの掃除に...は危険なのでやめておくとして、エアダスターは掃除機のノズルやブラシ、NEWスーパーはぼきが届かない、入り組んだ場所につまったホコリやゴミを吹き飛ばすのに向いています。

でも、こいつぁ便利だ、とプシュプシュしまくっていると何本も購入することになり、1本数百円というプライスがボディブローのように効いてきます。コストパフォーマンスを重視するなら詰め替え式のスプレーリフィーラーがいいのですが、普通のご家庭にエアコンプレッサーがあるわけもなし。かといって手押しの空気入れとかでエアを注入すると、途中で疲れてしまい、断念するか、世界を恨みそうになるほど謎ヘイトが高まります。ん? 足踏み式ならイケるか...?


1701-sub6.jpg


PR TIMESによると、サンワサプライから新たに発売されるのは、バッテリー内蔵の電動エアダスターです。これは便利アイテムの予感がする...!


1701-sub7.jpg


付属のACアダプタで充電でき、4時間の充電で約20分、一度に約3分の連続使用ができます。

とのことなのでポンプ式のようですね。内蔵モーターでダイレクトに空気を吸い、細いチューブの先から噴射する仕組みかと。ガスを使った缶タイプのエアダスターほどの噴射力はないでしょう。

でもランニングコストは激安だし、ゴミも発生しない。スプレー缶を捨てるときって面倒じゃないですか。あの手間暇をかけなくてもいいというメリットもあります。ま、浮き輪などに使う電動エアーポンプのことを考えるとかなりうるさそうですが。


1701-sub4.jpg


先端にはLEDを装備し、吹き付ける場所を明るく照らします。また、逆さにもって使うこともできます。飾っているビンテージなフィルムカメラやミニカー、プラモやフィギュアのホコリをはらうのにもいいかも。


・掃除機かけたくないけどルンバを買うお金もない…低予算DIYルンバを作っちゃおう


image: PR TIMES
source: サンワサプライ
(武者良太)