成河、ミムラ、加藤諒が共演

写真拡大

 劇作家で演出家の後藤ひろひとが1997年に劇団「遊気舎」へ書き下ろした舞台「人間風車」が、第14回読売演劇大賞の優秀演出家賞を受賞した鬼才・河原雅彦演出のもと、成河、ミムラ、加藤諒を迎えて再演することが決定した。

 生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲらが集った00年版、永作博美、入江雅人らが出演した03年版と、共にG2の演出によって上演された「人間風車」は、“童話ホラー演劇”と評される作品。ひねくれた物語ばかり執筆する童話作家の平川が、不可思議な青年・サムと出会い、女優兼レポーター・アキラとの恋を経たことで、数々の災難に見舞われてしまう。03年版にサム役として出演した河原は、作品の特色でもある「行き場のない悲哀と苛立ちと恐怖」を自らのタッチで増幅させ、「見た人の心に嫌というほどまとわりつくような爪痕を残せるよう、いっちょやってみます」と意欲満々だ。

 主人公・平川役を務める成河は、会話劇から大型ミュージカルまで幅広く出演し、演劇界で活躍中の実力派俳優。物語が進むにつれ、まさに天国から地獄へと落ちるような運命をたどる平川を演じるにあたり「この作品の持ち味である、人間本来の持つ弱さと醜さ、矛盾と葛藤をきちんと表現出来るよう、全身全霊、役と自分と向き合っていきたいと思います」と決意を表明している。

 舞台出演は、堤幸彦演出による「スタンド・バイ・ユー 家庭内再婚」以来2度目の挑戦となったミムラ。元々童話好きだったとして「その面白さと自由さ、そして時に怖さを感じておりましたので、これらをベースとした人間模様を演じるのが楽しみでなりません」と喜びの声。そして、ヒロイン・アキラとして「舞台を生き、皆様を物語の深淵へお連れできるようしっかり務めさせて頂きます」と熱意を語った。

 強烈なビジュアル&キャラクターでバラエティ番組でも引っ張りだこの加藤は、本作のキーパーソン・サムという重要な役どころだ。本作について「(00年版と03年版を)観劇された方々に笑いと恐怖と感動を与えた偉大な作品」と絶賛しつつ「大きなプレッシャーと共にとてもワクワクしております!!」と思いの丈を打ち明けている。

PARCO&CUBE 20th.Present「人間風車」は、9月28日から10月9日に東京芸術劇場プレイハウスで上演。大阪ほか、各地での公演も予定している。