横浜FM加入のデゲネクが告白、「中国と破談になって嬉しい」

写真拡大

『FourFourTwo』は31日、横浜F・マリノスに加入したオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクのインタビューを掲載した。

先日1860ミュンヘンから横浜F・マリノスに加入したデゲネク。ダヴィド・バブンスキと共に若くしてJリーグへとやってきた。

1月の早い段階で中国への移籍が噂されていたが、それは外国人枠の削減問題によって破談となり、その後シティグループの関係で横浜へ加入することに。

デゲネクはこの動きについて以下のように話し、中国に移籍することにならなくてよかったと語った。

ミロシュ・デゲネク

「僕はボス(アンジュ・ポステコグルー代表監督)と話した。彼の考えについて聞きたかったんだ。そして、それはポジティブなものだったよ。

サッカルーズ(オーストラリア代表)のスタッフや同僚ともたくさん話した。誰もがこれについて前向きだった。僕はチャレンジすることを決めた。そして、これが正しい移籍であると考えているよ。

明らかに、僕はここへ来たかったし、すべての試合でプレーしたい。代表チームの助けにもなるだろう。

これは僕にとって大きなことなんだ。代表チームを助けようとするのはね。そして、コンフェデレーションズカップのメンバーにもなりたい。

一旦代表チームの一員になれば、それを失いたくはないものさ」
ミロシュ・デゲネク

(中国への移籍は外国人枠の削減で破談になった)

「規則の変更が行われて、かなり早い段階で壊れたね。

正直に言って、それが起こらなかったことを本当に嬉しく思うよ。両国(中国と日本)はかけ離れたもので、2つのリーグは違う世界だ。

ある国は明らかに他と比べてお金は遥かに豊富だ。ただ、これはサッカーだからね。僕はまだ若いし、ここ(日本)で成長することができる。

これはとても早く起こったし、考える時間もなかった。移籍マーケットが終わりに近づいていれば、出来る限り早くプレーできる場所に行きたいものさ」

(欧州に戻りたい?)

「僕はマンチェスター・シティの代理人と連絡を取っている。エージェントを通して全てが起こった。

彼らは言ったんだ。

『もしそこに行きたいのであれば、1〜2シーズンプレーして、何が起こるかを見よう。常に戻ってくるいいチャンスはある。なぜなら、君はシティの監視下にあるし、多くの他のクラブも見ているからだ』と。

Jリーグは明らかにアジアで最高のリーグの一つだ。何人かの日本人選手が欧州のトップリーグでプレーしている。明らかに、注目されている場所だ」