シリーズ累計で8400万本突破の大ヒット

写真拡大

 最近、コンビニではスムージー戦争が勃発。各社新商品を投入しているが、ヒットを牽引したのは2015年に販売されたローソンの『グリーンスムージー』だ。ローソン広報室の谷恒和さんは、その理由を語る。

「2013年に店頭でいれるコーヒーが大ヒットし、それまで人気だったチルド飲料が低迷し始めたので、新たな商品が必要でした」(谷さん)

 一時、店頭で品薄になるほど大ヒットし、スムージーシリーズ累計で8400万本を突破。発売から数えて1秒に1本売れている計算に。開発者の女性がこだわったのは、「飲みやすさ」「スッキリ感」「手作り感」の3つ。

「バナナやパイナップルは甘みが強すぎるので外し、スッキリ感のある果実と野菜を配合。キウイフルーツの種は後から加え、あえて種の粒感を残しました。とにかく“味”にこだわっています」と、谷さん。

 野菜や果実が14種とたっぷりなのに、苦みもなく、確かに後味スッキリ。これは毎日続けたい!

 ケール、さつまいも、にんじん、小松菜、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、三つ葉、キウイフルーツ、りんご、レモンを使用しているローソンの『グリーンスムージー』。価格は、200g 178円、400g 298円、800g 498円。大きい程お得になっている。

※女性セブン2017年2月9日号