学会出席のため上海を訪れた直後に消息不明に

写真拡大

 立命館大学の中国人学者、周イ生教授(56)が2016年10月下旬、学会出席のために上海を訪れたあと、3か月にわたって消息不明になっていることが分かった。中国当局によって拘束されているか、あるいは事件に巻き込まれた可能性がある。同年12月末に立命館大学が明らかにした。

 周教授は浙江省出身。学生時代に日本に留学し、博士課程を取得し、立命館大学で環境問題について教えている。同大では中国政府が積極的に開設を推進する中国語の学習機関「孔子学院」の初代院長を務めたほか、2007年に来日した温家宝首相の同大視察の実現に大きな役割を果たしたといわれるほど、中国共産党指導部に食い込んでいることでも知られる。

 このため、周氏をよく知る大学関係者は「周氏が、仮に中国当局によって拘束、取り調べを受けているとなると、よほどのことに違いない」と頭をひねる。

 これまでにも日本の大学で教鞭をとっている中国人学者らが北中国に入った後、一時消息不明になった例がある。

 2013年には周氏同様、日本在住の中国人学者である朱建栄・東洋学園大教授が、2014年には神戸大学の王柯教授、昨年3月には趙宏偉・法政大教授が中国で一時消息不明になったが、すでに日本で自由の身だ。

 また、中国では一昨年から日本人男性3人と女性1人の計4人が逮捕され、スパイ罪で起訴されていることが分かっており、裁判を待っている状態だ。

 これほど、日本人や日本関係者の拘束や逮捕が続くのは習近平指導部が発足してからで、「海外の反中国勢力」の流入を警戒し、取り締まりや監視を強めている。

 2014年11月にはスパイ行為を具体的に定義した「反スパイ法」が施行。国内外の組織や個人が国家の安全に危害を及ぼす活動や、国家機密を詐取するなどの活動をスパイ行為と定めており、人権活動家や人権弁護士、市民の権利の履行を主張するNPO法人などが、中国政府の諜報機関である国家安全部などの監視対象になっていると伝えられる。

 北京の消息筋は「周教授が消息不明になってから、もう3カ月以上が過ぎている。事件に巻き込まれたのならば、何らかの手掛かりで出てもおかしくない。周教授も何らかの言動がもとで、当局からスパイの疑いがかけられている可能性が強い」と指摘している。