ジュネーブ国連事務局およびその他の国際機構駐在朝鮮常任代表の徐世平(ソ・セピョン)氏が先月27日、昨年4月に起きた北朝鮮レストラン従業員集団脱北事件に関連して、国連人権理事会のジョアキン・アレクサンダー・マザ・マルテリ議長に手紙を送った。先月31日、朝鮮中央通信が報じた。

手紙は、「昨年2016年4月初めにわが共和国に対する謀略策動に狂った南朝鮮当局が『国家情報院』のごろつきらを駆り出して中国浙江省寧波のある食堂で働いていたわが女性公民たちを白昼に集団的に誘引、拉致して南朝鮮に連行する極悪なテロ行為を強行した」と指摘。

また、「南朝鮮に集団的に誘引、拉致されて連行されたわが女性公民たちの送還のために早急な対策を取ってくれる」ことを求めて前任者に手紙を送ったとしながら、「2017年に入った今までも貴事務所が何の措置を取らず、われわれの手紙に対して回答さえしていないことに失望を禁じ得ない」と強調した。

さらに、「わが公民たちに対する南朝鮮当局の誘引・拉致蛮行は父母と子息を引き離して離散家族を人為的につくり出す反人倫犯罪として、各国連人権機関がこの問題にどのように対するかというのは人権保護増進のために努めるという同機関の立場の真偽を分かつ試金石となる」と主張した。

そのうえで、「この問題に関連する貴方の肯定的な答弁を期待する」と述べた。