ソニーのMVMO「nuroモバイル」

写真拡大

ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が運営するMVNO「nuroモバイル」は、3つの新機能「5分かけ放題」「5時間プラン」「パケットギフト」を2017年2月1日から提供開始する。

「パケットギフト」は何度でも発行可能

音声定額オプションの「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」は、月額800円(税別、以下同)で5分以内の国内通話がかけ放題になるサービスだ。本オプションの付け外しは利用者専用ページから無料で行える。設定は翌月から適用。「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」を付けない場合は、発信時に「0037-692」を付けて発信することにより、30秒あたり10円で国内通話の利用が可能になる(通常は30秒あたり20円)。国際通話も32か国一律30秒あたり10円の割引通話が適用される。

「5時間プラン」は、最大375Mbpsの高速通信が1日5時間まで利用できるプラン。データ容量ではなく時間を基準とするもので、月額料金は2500円。高速通信時間の消費は自動制御となり、システム側で高速通信を必要とする通信量を自動検知したときだけ高速通信モードになる。プラス700円で音声通話も可能。

5時間を超えた場合は200kpbsの低速通信に制限されるが、通信開始直後の一定時間(数秒程度)は200kbpsよりも速い速度での通信を許容する。テキストメインのWebサイトであれば、通常の高速通信時に近い時間での表示が期待できるという。

nuroモバイル利用者とパケットを分け合える「パケットギフト」は、利用者向けページでギフトコードを発行することで、パケット容量を10MB以上1MB単位で発行することができる無料サービスだ。相手がギフトカードを受け取らなかったときは、その月の最終日にパケットは返却される。返却されたパケットは翌月に繰り越し可能。なおギフトの発行回数に制限はないが、nuroモバイルの2GB〜10GBプランに加入している人同士に限られる。