【詳細】他の写真はこちら

見た目のインパクトはなかなかのもの。

スピーカーにはゴージャスなものやエレガントなものまでさまざまですが、その逆をいくという発想も面白いもの。Boseが新たに発表したスピーカー『SoundTouch 300』は、ミニマリズムの極地ともいうべき一本の棒から豊かな音楽を再生してくれるんです。



ホームシアター向けサウンドバーのカテゴリーに当てはまる『SoundTouch 300』。その内部には高性能なカスタムドライバーや歪みの少ない低音背再生を実現する「QuietPort」、再生音を部屋の左右に送り込んで任意の反射音を創り出す「PhaseGuide」などさまざまな技術が搭載されており、部屋をボーズらしい臨場感と重低音で包んでくれます。

製品の表面は上部にガラス素材、前面にメタルのラップアラウンドグリルを採用するなど、高級感を追求。サイズや形状からしてテレビの上下においての利用が想定されますが、高級テレビに並べても負けないだけの存在感がありますね。さらに、部屋の大きさや形状、内装に応じて自動的に最適なセッティングを教えてくれる「ADAPTiQ」テクノロジーで、どんな部屋でもベストな音響環境を整えてくれるはず。

音楽の再生方法はWi-FiやBluetooth(NFC対応)によるワイヤレス再生にも対応。手持ちの曲だけでなくSpotifyなどの音楽配信サービスや、インターネットラジオを気軽に楽しむことができます。またテレビとの接続はHDMI/Audio Return Channelに対応し、4Kのパススルーも可能です。



さらに、スピーカーセットのアップグレードも可能。ウーファーとなる別売りの『Acoustimass 300 bass module』(写真)を追加すれば、重低音をさらにグレードアップできます。



またこちらも別売りとなる『Virtually Invisible 300 rear surround speakers』(写真)を追加すれば、フル5.1chサラウンドがワイヤレスで楽しめます。こっちも映画視聴にいいなぁ。もちろん、『Acoustimass 300 bass module』と『Virtually Invisible 300 rear surround speakers』は併用することも可能です。



リビングにシステムをセットするとこんな感じ。威圧感のない外観が好印象ですね。



『SoundTouch 300』は本体サイズが978×57×108mmで、重量は4.7kg。サポートされるオーディオ形式はDolby Digital、DTS、MPEG2-AAC、リニアPCMです。価格は1台税抜き7万5000円、また『Acoustimass 300 bass module』と『Virtually Invisible 300 rear surround speakers』はそれぞれ税抜7万5000円、税抜3万5000円(1セット)となっています。

部屋に威圧感を与えず、それでいて音響環境を圧倒的にアップグレードしてくれる『SoundTouch 300』。おしゃれでカッコイイ部屋を目指している方には必見の製品ですね!

文/塚本直樹

関連サイト



Bose『SoundTouch 300 soundbar』製品情報

関連記事



音質+置きやすさを考え抜いたソニーの新サウンドバー。ソファ下にも置ける無線サブウーファーがいい感じ

世界最大の音楽ストリーミング「Spotify」が日本上陸。4000万曲を楽しむ前に知っておきたい2つのこと

これぞ次世代スタンダード。最新スピーカーはココまできた!