(写真提供=SPORTS KOREA)キ・ソンヨンとハン・ヘジン

写真拡大

サッカー日本代表の長友佑都とタレントで女優の平愛梨が入籍した。2人が結婚することは昨年12月の婚約会見で明らかにされていたが、昨日1月29日に婚姻届を提出したことで2人は晴れて夫婦になった。

サッカー選手と芸能人のビッグカップル誕生だが、韓国でもサッカー選手と芸能人の夫婦は多い。

最も有名なのは、キ・ソンヨンとハン・ヘジンのカップルだろう。

キ・ソンヨンは韓国代表として2度のワールドカップ出場を誇り、現在はイングランド・プレミアリーグのスウォンジーでプレーする人気選手。一方のハン・ヘジンは日本でも大ヒットしたドラマ『朱蒙』のヒロインで、その後も多くのドラマや映画で主演を務めているトップ女優だ。

2人は8歳の“歳の差”(キ・ソンヨンが年下)に加えて、二股疑惑を乗り越えてのスピード婚だったこともあって、2013年の結婚時には大きな話題になった。
(参考記事:サッカー韓国代表と年の差スピード婚!! 人気女優ハン・ヘジンの意外な過去

日本と韓国では“結婚後”が違う!?

ハン・ヘジンは結婚後、芸能活動を一時中断。

それまでMCを務めていたトークバラエティ『ヒーリングキャンプ』を降坂し、キ・ソンヨンを支えるためにイングランドに渡って“内助の功”に努めている。

ときたま韓国に帰国してドラマや映画にゲスト出演することもあるが、結婚を機にキ・ソンヨンのサポート役に回っており、2015年9月には長女を出産。現在は芸能活動を中断してプレミアリーグでプレーしている夫を支えている。

このように韓国ではサッカー選手と結婚したタレントや女優は芸能界から引退するケースが多い。

Jリーグの大宮アルディージャでもプレーした元韓国代表MFのイ・ホと2009年12月に結婚したアイドルグループ「Baby V.O.X」のヤン・ウンジも、昨季KリーグMVPのチョン・ジョグッと2009年に結婚した女優キム・ソンウンも、結婚を機に引退している。

スポーツ選手との結婚を機に家庭に入るのはタレントや女優だけではない。

テレビ局の女子アナウンサーも寿退社する。日本同様に韓国でも女子アナは人気の的で、有名なスポーツ選手とゴールインする人気女子アナは少なくないが、いずれも結婚を機に寿退社することが多い。

代表的なのが、パク・チソンと結婚したキム・ミンジさんだろう。

テレビ局SBSでサッカー番組のMCを務めていた女子アナウンサーのキム・ミンジさんだが、パク・チソンと恋に落ち、めでたくゴールインしたことで寿退社。現在はイギリス・ロンドンで暮らしており、2015年11月には女の子を授かっている。

スポーツ選手と人気タレントやトップ女優の結婚はそれだけで話題になりやすく、花嫁のほうが引退して“内助の功”を務めることは韓国の世間体もよく好感を呼ぶが、彼女たちのそれまでの苦労を思うとちょっぴり名残惜しいという意見もある。

特にキム・ミンジさんらスポーツ女子アナの場合、「日本以上に競争熾烈な世界」とも言われるだけに、彼女たちのファンからすればゴールインがめでたいことにもならないらしい。

花嫁のファンからすると、パク・チソンもキ・ソンヨンも“愛憎のムコ殿”といった具合だろうか。おそらく平愛梨ファンも同じ心境なのではないだろうか。

“ゴール”できなかったカップルも

もっとも、熱愛説が浮上してもゴールインまで至らなかったカップルもいる。

韓国でもソン・フンミンが一時期、アイドルグループ「アフタースクール」出身で現在は女優兼タレントとして活躍しているソヨンとの熱愛説が持ち上がったことがあった。

しかし、ソン・フンミンの父親が「女性と会うよりも選手生活に忠実になれ」と雷を落としたことが明るみになり、結局2人は破局したと言われている。

そういったことを考えれば、スポーツ選手と芸能人は熱愛報道こそ話題になれど、そこから紆余曲折や試練もあってゴールインするまでの道のりが簡単ではないことは容易に想像がつく。それだけに“アモーレ”という言葉を流行らせただけではなく、結婚という形で愛を実らせた長友佑都&平愛梨夫妻は見事な“ゴールイン”だ。

新しい門出はめでたく、2人のこれからに幸多からんことを願わずにはいられない。

(文=慎 武宏)