セビージャに所属する清武弘嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

 Jリーグ復帰の可能性が浮上したセビージャ所属の日本代表MF清武弘嗣が、日本に向けて出発したようだ。1月31日にスペイン紙『ディアリオ・デ・セビージャ』が報じている。

 同紙によると、清武が3つの大きいスーツケースを持っている姿がサン・パブロ空港で目撃されたとのこと。セレッソ大阪への移籍が最有力と見られているが、バルセロナを経由し日本に向けて飛び立ったことによりその可能性が高くなった。

 清武に関してはC大阪の他にヴィッセル神戸やサガン鳥栖も獲得を目指していた。しかし、清武はC大阪との交渉に応じ、現在は契約成立が近づいている状況にある。セビージャが先日、MFワルテル・モントーヤを獲得したことで、さらに清武の移籍に拍車をかけることになった。移籍が決まれば、4年半ぶりのJリーグ復帰となる。

text by 編集部